【HARTKE】HA3500のレビューや仕様

【HARTKE】HA3500のレビューや仕様 ベースアンプ/ヘッド

HA3500

プリアンプにチューブ/ソリッドステートの2種類を内蔵し、これらをミックスすることによって多彩なサウンドメイキングが可能。10BAND EQ、コンプレッサー、XLRダイレクトアウト等多彩な機能を搭載。350W出力の定番ハイパワー・ベースアンプ。

■ベースアンプ
■ヘッド
■プリアンプ:チューブ(12AX7)/ソリッドステートプリアンプ
■出力:240W(8Ω)、350W(4Ω)
■特徴

  • 高品位な10バンドグラフィックイコライザー
  • 積極的にベースの音色を加工する、2つのコントゥアコントロール(ハイパス/ローパス)
  • ベースの音色にパンチを加え、音量のばらつきを抑えるコンプレッサー
  • 電源のオン/オフとは無関係に、接続されたスピーカーを危険な過負荷やポップ音から保護する回路を内蔵
  • 真空管タイプとトランジスタタイプのサウンドをブレンドできる2種類のプリアンプコントロール
  • 演奏のすべてのニュアンスを忠実に再現する、HARTKE独自のTransient Attack 回路
  • スピーカー出力に送られるエフェクトセンド(ドライ)信号とエフェクトリターン(ウェット)信号の相対的な量を調節可能
  • パッシブ/アクティブ入力対応

■コントロール

  • PRE AMP A/B(真空管タイプAとトランジスタタイプBのサウンドをブレンド)
  • COMPRESSION
  • LOW PASS
  • HIGH PASS
  • VOLUME

■スイッチ

  • EQ ON/OFF

■I/O

  • PASSIVEインプット:100 k Ohms, 20 mv
  • ACTIVEインプット:100 k Ohms, 60 mv
  • スピーカーアウト:フォン
  • バランスアウト(グラウンドリフト、Pre/Postスイッチ付)
  • エフェクトセンド/リターン

■サイズ:W44xD33xH10cm
■重量:約9.3kg
■付属品:ラックマウントアダプター、電源ケーブル

HA3500に関連する動画



HA3500に関連するレビューやコメント

HA2500の方にも書きましたが、ベースがベースらしく鳴る素晴らしいアンプヘッドです。
と言うのもこれまで使ったアンプヘッドの中には重心が下がりきらず腰高な印象な物もありましたが、
このアンプはローからハイまで過不足無くレスポンスも良くて、この価格でよくぞここまでの性能が出せたなと感心します。
HARTKEの中では上位機種だけあってHA2500とは違い本物の真空管(12AX7)を使っているので
図太い音からドンシャリな音までオールマイティに使えるいいアンプだと思います。
出力も余裕があってHA2500と比べると値段なりの差は充分に感じられる高性能なアンプです。
アンペグの8発との相性が良いと思います!
EQを真剣に弄る人いますがだったら右手で何とかしろと思います
最終的に使うにはありだと自分は思いました
ライブハウスにて使用。キャビはHX810。
キャビも相まってレスポンスの良いヘッドだが結局のところ竿で大幅に音が変わる。
グライコのチャンネル数が多いので音作りにかなり自由度がある、かつ効きの良いコンプも内蔵、ローパス、ハイパスもあるので初心者のどうしようもない音も指示的に導く事が出来ます。
問題点は電源投入時のバランスアウトのラインノイズ。
クリップレベルのノイズが卓に入ってきますのでうかつに上げておけない。当方は電源を落とさない事で対応しています。
メーカーに問い合わせたところ仕様とのこと。
それが改善しているのなら、もしくはラインアウトしないのならかなり使い勝手の良いヘッドと言えます。

コメント