【AGUILAR】Tone Hammer 350のレビューや仕様

【AGUILAR】Tone Hammer 350のレビューや仕様 ベースアンプ/ヘッド

Tone Hammer 350の仕様や特徴

既に高い評価を得ているTone Hammerペダルのプリアンプ部を組み込んだ超軽量ベースアンプヘッド!Tone Hammer 500がさらにコンパクトサイズになった最新作です。

350Wのパワーを1.4kgのパッケージに搭載、世界中のトップ・ベーシストに絶賛されている”aguilarサウンド”を再現。
スタジオからステージにとあらゆるシチュエーションで活躍します。

■ベースアンプヘッド
■出力:350W(4Ω)、175W(8Ω)
■ソリッドステートプリアンプ
■コントロール:トレブル、ミドル、ミドルフリーケンシー、ベース、ドライブ、マスター、プリ/ポストスイッチ、グランドリフトスイッチ
■端子:インプット、センド/リターン、XLRバランスアウト、チューナーアウト
■寸法、重量:21W×19D×7Hcm、1.4kg
■Tone Hammer 350 は、既に高い評価を得ている Tone Hammer ペダルのプリアンプ部を組み込んだ、超軽量ベース・ヘッドアンプです。フレキシブルな 3 バンド EQ、多彩な”Drive”コントロール、そして 350 ワットのパワーを 1.4kg のパッケージに搭載しています。
■Tone Hammer 350 は、ギグバッグのアクセサリーポーチに入るサイズでありながら、伝統的な”Aguilar Sound”を提供します。Aguilar の他のヘッドアンプ同様、米国ニューヨークにある Aguilar ファクトリーにて製造されています。

Tone Hammer 350に関連する動画


Tone Hammer 350に関連するレビューやコメント

gain、driveを最小にしてもクリーン音にはなりません、ギターで言うところのクランチ(弱)ぐらいの感じ。同名のペダルと比べると、driveつまみがある分こちらの方が多彩な音作りができるしアンプなのでより太い音。EQの効きは普通、慣れたグライコペダル使った方が調整しやすいケースも。気軽に持ち運びできるのがありがたい。
アギュラーの音が好きなら必須ですね。持ち運びしやすいですし、箱のヘッドに合わせて足元を調整する必要がなくなるので。そこそこ値段はしたけど気に入っているので満足です。
スタジオで使って初めて気に入ったヘッドです。抜けがよく太い音を作りやすいですね。

コメント