【ROCKTRON】PatchMate Loop 8 Floorのレビューや仕様

【ROCKTRON】PatchMate Loop 8 Floorのレビューや仕様 その他

PatchMate Loop 8 Floor

【ROCKTRON】PatchMate Loop 8 Floorのレビューや仕様
Patch Mateが、更に進化し、ペダルボードの中核としてシステムコントロールするPatchMate Loop 8 Floorとして登場!
■多機能ループ×8を自由にコントロール
■128プリセット保存/8プリセットを本体フットスイッチで呼び出し可能
■バッファーインプット/パッシブインプット選択
■簡単セットアップ
■耐久性が高いフットスイッチ&ボディ
■スマートコントローラー・テクノロジー
■MIDIコントローラー・コマンドでリアルタイム・コントロール
■音質劣化のない高級リレースイッチ
■スイッチングシステムは、様々なエフェクトやアンプを駆使し、複雑化したシステムのコントロールに欠かせないものです。その中でも、オリジナルのPatchMateは、生産完了からかなり経つにも関わらず、ベストとの評価を受け、復刻を望む声が世界中から寄せられていました。遂にそのPatch Mateが、更に進化し、ペダルボードの中核としてシステムコントロールするPatchMate Loop 8 Floorとして登場です。
■PatchMate Loop 8 FloorはオリジナルPatchMate同様、エフェクトループ、チャンネルスイッチング(フットスイッチ・シミュレーション)、ルーティングなど多機能なループを8個搭載しており、感覚的にPatchMate Loop 8 Floorをコアに、インテリジェントなセットアップが可能です
■入力には、バッファー搭載のアクティブインプットとパッシブインプットを装備しているので、システムに応じて選択可能です。また、トゥルー・バイパス・ループでの音質劣化や変化を最小限に抑えるため、極めて高音質かつ耐久性の高いリレーを搭載しており、ギターや機材の音質を犠牲にしません。
■サイズ:48.3 x 7.5 x 11.4cm

PatchMate Loop 8 Floorに関連する動画

PatchMate Loop 8 Floorに関連するレビューやコメント

  • これだけの機能でこの値段ということで購入しました。音は劣化します。中域持っていかれます。バッファーはローが削れかつ音がショリショリします。バッファーは使えません。
    値段が値段なので仕方ないのでしょう。機能的には満足してますが肝心な音は・・・
  • 良いところ
    ・8ループある
    ・スイッチが8つあるのでバンク切り替えなしに8種類のループプログラムを呼び出せる
    ・アンプのチャンネルを切り替えられる使用ループを減らす必要有
    ・MIDI対応※
    ・何しろ安い!笑

    悪いところ
    ・各ループの出力が内部結線されていないのでループからループへの結線に全部ケーブルが必要になる
    ・プログラムの仕方が若干面倒くさい頻繁に変更しないのでやり方を忘れてしまう…
    ・MIDI非対応※

    ※MIDIについて
    注意すべきはこの機器でMIDI OUTはコントロールできません。つまり、別のMIDIコントローラー⇒PatchMate Loop 8 Floor⇒MIDI機器という接続をする必要があるのです。MASTERが別のMIDIコントローラーになります。これがPatchMate Loop 8 Floorでできれば最強の機器だと思うんですけどね。

    大掛かりなループシステムを組む人には安くて良いですよ。
    数珠繋ぎ直列配線でエフェクト並べるより絶対いいと思います。

コメント