【MXR】PHASE45[CSP-105]のレビューや仕様

【MXR】PHASE45[CSP-105]のレビューや仕様 フェイザー

PHASE45[CSP-105]

【MXR】PHASE45[CSP-105]のレビューや仕様
Phase90の兄弟モデルとして製作されたThe ’75 Vintage Phase 45。2ステージの位相調整を行うほか、手製でマッチングされたFETと手作りの回路基板を通して、繊細なサウンドを実現します。また、CarlingスイッチやCTSポット、Switchcraft製ジャックなど上質なパーツを採用したことで、信頼性も高くなっています。

■ギター用エフェクター
■フェイザー
■’74ヴィンテージリイシュー

PHASE45[CSP-105]に関連する動画

PHASE45[CSP-105]に関連するレビューやコメント

  • Phase45はPhase90に比べるとかかり方が薄いとか、エグさがないと言われますが、そこがこのEffectorのよいところなんでしょうね。
    押しが強すぎないので常時ONにして使うのが私の好みです。
    したがってSpeedのつまみも8時から10時位の位置で使うとゆっくりとした上品なウネリが音に出て隠し味的な音作りが出来ます。
    音を大きく変化させるために使うのであればPhase90がお勧めですが、そうでなければ、こちらがいいでしょうね。
    因みに私の理想はEaglesのAlbum『Hotel California』の「Hotel California」でジョー・ウォルッシュがFender系とAmpと組み合わせて使うあまり使っているのか使っていないのか分からない然りげない使用法です。
    ただVintage仕様なので、True Bypassではありませんし、電池のみでの駆動となります。
    電池容量を表示するようなIndicatorもないので、そこを十分承知の上で使うのならば、これはもってこいのEffectorだと言えます。
    それからこれが発売される前に実は回路図のCopyを見て自作もしましたが、音は全く別物でしたね。やはり本物にはかないません。
  • MXRのフェイザーは最新のPhase 99まで全て持っています。
    原音の輪郭を保ちながらフェイザーを隠し味のように薄っすらと掛けるなら、これが最高です。
    他に替わりとなるエフェクターは見当たりません。
    この名器をサウンドハウスではこのお手頃価格で入手できるのですから、利用しない手はありません。
  • 電池の持ちは非常に長い。
    アルカリじゃない電池で一日30分間ONでInputつなげっ放しで一週間ぐらいは持ちます。
    リイシューだから単純なアナログ回路なんだと思います。Van halenのようなものを望むなら全てにおいて90が上というか、電池でしか動かないものはワンタッチで交換ができないと結局使わなくなる人が多いかと。Phaserは出番自体が少ないので余計に
    サイケサウンドとか、Zepとかならこっちの方があいますけど蓋は四箇所ネジ止めです。
    自分が買ったものは電池を入れてネジ留めまでにコツがいりました。
    個人的にはもう空関係はデジタル物で2つ設定+セーブ出来ればいいやと悟りました。

コメント