【DIGITECH】Ventura Vibeのレビューや仕様

【DIGITECH】Ventura Vibeのレビューや仕様 ビブラート

Ventura Vibe(ヴェンチュラ・ヴァイブ)の仕様や特徴

3種類のロータリースピーカー・サウンドを得られるエフェクター。
ヴィンテージ・タイプでは、ユニ・ヴァイブ風のサウンドを得ることができます。
DRIVEノブでは、FUZZ効果も得られ、1台でジミヘン風サウンドも作れます。
デジタルながら、アナログライクな暖かいサウンドが特徴です。
またエフェクトがオンの時にフットスイッチを踏み続けることで、各エフェクトが持つ最速のスピードへとシフトアップできるMAX SPEEDオプション機能を持たせることで、さらなる柔軟性を与えています。
トゥルー・バイパス、高電圧オペレーション、完全なステレオ・プロセッシングの採用により、非常に優れたサウンド・クオリティとトーン・コントロールの提供を可能にしました。
Ventura Vibeは、高品質なビブラート/ロータリー・エフェクトをコンパクト・エフェクターに求めているギタリストに最適なモデルです。

■ギター用エフェクター
■ヴィンテージ/モダン/ロータリーの3種類のエフェクト切り替えスイッチ
■コントロール:SPEED/DEPTH/MIX/TONE/DRIVE
■トゥルー・バイパス
■ステレオ入出力対応
■電源:9Vパワーサプライ対応(※アダプター別売、9V電池使用不可)

Ventura Vibe(ヴェンチュラ・ヴァイブ)に関連する動画


Ventura Vibe(ヴェンチュラ・ヴァイブ)に関連するレビューやコメント

ファズに、ユニヴァイブ風、ビブラート、ロータリー搭載と聞いた瞬間、ジミヘンのなりきりエフェクターかと思いました。しかしながら、この真っ赤な筐体に道化師とトランプがイラストされた存在感のあるデザインに惹かれ、つい弾いてみると、あら不思議。それぞれのエフェクトが実に使えるサウンドにチューンナップされていることに驚きました。ファズもジミヘンっぽいオールド感はあるのですが、コンプレッション感が今っぽく、デジタルながら音圧感もきちんとあるのです。それぞれのモジュレーションもSPEEDとDEPTHのシンプルなコントロールながら、どの位置でも弾いて気持ちよく、尚且つバンドサウンドでも埋もれないしっかりした効果を得ることができます。ジミヘン好きにはもちろん、モジュレーションも欲しいけど、それぞれを単体で買うのはちょっと・・・とお思いの方にお勧めのエフェクターです。
操作がわかりやすくて良いですね。スタジオやライブで欠かせないペダルになりました。手頃な価格ですし、YouTubeなどで聴いて「おっ」と思ったら手に入れるべきペダルですよ。

コメント