【BOSS】SY-300のレビューや仕様【GuitarSynthesizer】

【BOSS】SY-300のレビューや仕様【GuitarSynthesizer】 その他

SY-300 GuitarSynthesizer

【BOSS】SY-300のレビューや仕様【GuitarSynthesizer】
エフェクター感覚で接続できる新しいギター・シンセサイザー
専用ピックアップを必要とせず、標準ケーブルの接続のみで使用可能。
レイテンシーも無く、和音入力にも対応。

・通常のエフェクターと同じ標準プラグのケーブルを接続するだけで、表現力豊かなポリフォニック・シンセ・サウンドを演奏可能。
・レイテンシーが全く存在せず、ギターの細かい演奏表現もダイレクトに反映する今までにない高い表現力。
・自在に組み合わせて徹底的にこだわったサウンド・メイクができる3 系統のオシレーターと4 系統のエフェクトを搭載。
・通常のギター信号も、シンセのフィルターやアンプ、LFO で加工し全く新しい音色づくりが可能。

主な仕様
オシレーター 3基(波形:SIN、SAW、TRI、SQR、PWM、DETUNE SAW、NOISE、INPUT)
エフェクト エフェクト(FX)×4
タッチワウ、コンプレッサー、リミッター、オーバードライブ/ディストーション、イコライザー、スローギア、ディレイ、コーラス、リバーブ、フェイザー、フランジャー、トレモロ、ロータリー、ユニバイブ、パン、スライサー、アイソレーター、ローファイ、ディレイ+リバーブ、コーラス+ディレイ、コーラス+リバーブ
パッチ・メモリ ユーザー:99
プリセット:70
AD 変換 24 ビット+ AF 方式
※AF 方式(Adaptive Focus method)はAD コンバーターのSN 比を飛躍的に向上させるローランド/ボス独自の方式です。
DA変換 24ビット
サンプリング周波数 44.1kHz
規定入力レベル INPUT:-10dBu
RETURN:-10dBu
入力インピーダンス INPUT:2.2MΩ
RETURN:220kΩ
規定出力レベル MAIN OUTPUT:-10dBu
SUB OUTPUT:-10dBu
出力インピーダンス MAIN OUTPUT:2kΩ
SUB OUTPUT:2kΩ
推奨負荷インピーダンス MAIN OUTPUT L/R:20kΩ以上
SUB OUTPUT L/R:20kΩ以上
PHONES:16Ω以上
ディスプレイ グラフィックLCD(132×64ドット、バックライト)
接続端子 INPUT端子:標準タイプ
THRU端子:標準タイプ
RETURN端子:標準タイプ
MAIN OUTPUT R(MONO)端子:標準タイプ、
MAIN OUTPUT L(PHONES)端子:標準タイプ
SUB OUTPUT R(MONO)端子:標準タイプ
SUB OUTPUT L端子:標準タイプ
MIDI(IN、OUT/THRU)端子
EXP/CTL4, 5端子:TRS標準タイプ
USB端子:USBタイプB
DC IN端子
電源 AC アダプター
消費電流 400mA
付属品 ACアダプター
取扱説明書
「安全上のご注意」チラシ
保証書
ローランド ユーザー登録カード
別売品 フットスイッチ:FS-5U、FS-5L、FS-6、FS-7
エクスプレッション・ペダル:FV-500L、FV-500H、Roland EV-5
外形寸法 / 質量
幅(W) 255mm
奥行き(D) 191mm
高さ(H) 70mm
質量 1.75kg

※0dBu=0.775Vrms

SY-300 GuitarSynthesizerに関連する動画



SY-300 GuitarSynthesizerに関連するレビューやコメント

  • 第一印象、小さい。軽い。
    和音も、かなりの確率で拾ってくれるようです。
    ギター以外の楽器もいろいろ接続したり
    パソコンから、エフェクター的に使えたりすることにかなりの期待をしてます。
    エディターも(マックにて使用)使いやすいです。
    多少タイムラグがあったりしますが、本体だけだと設定等(姿勢なども含めて)かなり厳しいところだと思うので、助かります。
  • 専用ピックアップがいらない、レイテンシーが限りなく0に近い。
    アナログシンセで発振器にギターの音を使える。コンパクトな筐体。
    スゴイ!
    ギターに限らずほとんどの楽器で、人の声でさえもシンセになるってスゴイと思う。
    ほんのちょっとの覚悟があれば世界が広がる(かもしれない)夢のある製品だと思う。

コメント