GDI21 V-Tone

【BEHRINGER】GDI21 V-Toneのレビューや仕様
DI レコーディング出力を備えたこのアナログギターモデリングプリアンプ/ストンプボックスは、市場における有力エフェクターの対抗製品として開発されています。
オーセンティック V-TONE モデリング技術によって、 3 種の古典的ギターアンプ、 3 種のゲインモード、そして 3 種のマイキングシミュレーションと、計 27 種類ものコンフィギュレーションが可能となっています。
一台のストンプボックスに数多くのアンプを内蔵しており、スイッチ一つでお好みのサウンドを選択できます。
精確に働くレベルコントローラーとドライブコントローラーに加えて、音楽的な 2 バンド EQ を装備、究極のサウンドシェイピングが可能となります。
この GDI21 は、スピーカーシミュレーション内蔵のダイレクトレコーディング出力として、もしくは、バイパスモードでの標準的なアクティブ DI ボックスとして使用できます。
出力端子は、 6.3 mm モノラルフォンジャックまたは、金メッキ加工の施されたバランス型 XLR コネクターで接続可能。グラウンドリフトスイッチにより、典型的なグラウンドループを除去。電源は 9 V バッテリーもしくは DC パワーサプライ (別売)による作動が可能です。
クリーンサウンドからクランチーなディストーションまで、そのすべてを瞬時に実現。

■ギターアンプモデラー
■ダイレクトレコーディングプリアンプ/DI
■電源: 9Vバッテリー(006P)もしくは DC電源アダプター(別売)

GDI21 V-Toneに関連する動画


GDI21 V-Toneに関連するレビューやコメント

  • 以下はライン使用時での感想です。”TWED”の音が抜群に素晴らしいです。
    これだけの為に買っても損はないぐらいです。”BRIT”はハムPUのギターでいろいろ設定したんですが、トゲトゲしい音になったり、中域が出すぎたり、あまり自分の好みの音では無かったけど、シングルPUのギターに代えると嘘みたいに良くなりました。
    ツマミの位置は、半分以下の範囲で設定する方が無難な感じです。とにかく安いし、気軽に使えるところが何よりです。
  • 普段はVoxにフェンダーのストラトを繋いでいるんですが、デモ作り用に買いました。
    やっぱり値段が安い。あとボディのサイズが小さい。そして安い。
    音に関してですが、まずクリーントーン時の音の粒は綺麗ではありません。
    まぁどの設定にしてもそうなんですが、
    なんとゆうか音が平面的に鳴っている感じが僕はしました。
    しかしクランチ気味に歪ませた音はバカっぽく、チープで好きな音です。
    そして歪ませたときはトーン全てをフルテンに近い設定にしています。
    多分ガレージロックとかグランジみたいな音をイメージしている人には、
    妥協しつつも楽しめるシュミレーターだと思います。
  • Behringer Xenyx1202FX との組み合わせです。最初は300mAのアダプタを使用したところ、どなたかの評価通りTWED以外は非常に大きなノイズで使用に耐えなかったのですが、試しに容量の大きな2.1ADC電源に変えたところ、CALIFもBRITも全ての組み合わせでノイズの少ない良い歪を得ることができました。これまでの経験では劣悪アダプタはノイズ源の真犯人の場合が多いです。ノイズで嫌気が指している人試してみるのはいかがでしょうか。通常はSVR系の歪を楽しんでいますが、時にはSANTANAっぽいのとか、ジミヘン系のきつい歪も気持ちよくうなってくれます。(年がばれそう…
  • PA直だと音痩せでペラペラになるエフェクターが多いですが音痩せは感じません。
    やっと満足できるクリーントーンに出会いました。
    真空管アンプのような奥行きや艶も感じます。
    視聴していたら10倍の値段でも買ったかもしれません。
    この性能と価格は目から鱗です。
    あまりに安い価格のため購入をためらう程ですが、商品は素晴らしいです。
    ベリンガーは安物買いのイメージでしたが、大ファンになりました。
    迷っているなら買って損はないです。