【WAY HUGE】WHE-301 Fat Sandwichのレビューや仕様

【WAY HUGE】WHE-301 Fat Sandwichのレビューや仕様 ディストーション

WHE-301 Fat Sandwich

【WAY HUGE】WHE-301 Fat Sandwichのレビューや仕様
90年代の限られた期間に販売され、その上質なサウンドからアメリカで伝説となっていたブランドWAY HUGEが復活!
パワー感溢れるディストーションサウンドです。基盤内部にもミニコントロールが設けられており、更なる微調整が可能です。

■ギター用エフェクター
■ディストーション
■コントロール:ボリューム、トーン、ディストーション、プレゼンス、レゾナンス
■寸法、重量:95W×120D×70Dmm、約400g

WHE-301 Fat Sandwichに関連する動画


WHE-301 Fat Sandwichに関連するレビューやコメント

  • way hugeと言えば、レッドラマが、有名ですが、今回ディストーションが,欲しくて購入しました。
    内部回路を見てみると赤ledクリッピングしてあるのが、マーシャル系を意識しているのかなと思われます。
    シングルコイルギターでも充分分厚い歪みを出してくれます。
    ジャパニーズcrunchは、だせないですね ゲインを絞っても結構歪んでいてゲインを上げれば、低音弦が、少し暴れる感じが、好みのわかれどころなのかもしれないですね? 
    でもfuzz的な暴れ方ではないです。
    平面的なよくあるディストーションでは、ないと言うことですね いままで聴いたことのないディストーションサウンドだと思いました。
    真空管アンプのバウンド感とサチュレーションをうまく表現していると思います。
    ぜひでかい音で試してみて下さいジョージトリップ氏の思惑が,わかるとおもいますよ。
  • ゴム足4個が本体にビス留めされています。
    レゾナンス、プレゼンスのコントロールは相互作用する様です。
    音がつぶれるようなハイゲインではなく、コード弾きが向いている気がします。
    本体内部の3つのコントロールなどで微調整出来、ボリュームの上げ幅は広いです。
    LEDは青。
  • レッドラマ・クローンのOD69をメインで使っていて、興味があり購入しました。
    結論はアンプと音量によってかなり印象が変わるペダルですので、ショップでお使いのアンプや近いアンプと、想定されている音量で試すことをオススメします。
    まぁ、当たり前の話ではあるのですが、今までの経験測からいっても、ここまで音量で印象が変わるペダルもそんなに多くないので、あえてレビューさせていただきました。

コメント