【Vivie】OwlMightyのレビューや仕様

【Vivie】OwlMightyのレビューや仕様 プリアンプ

OwlMightyの仕様や特徴

新たに定番となりつつあるOwlMighty。
プロの方のご助言を取り入れサウンドを再調整、さらにノイズレスになるように回路を追加いたしました。
独特の存在感を放つデザイン同様、ベースの存在をグッと引き立てるサウンドです。

●クリーン・ドライブの2ch切り替え
Vivieでは初となる2ch仕様。
ON/OFFとは別にクリーン・ドライブの切り替えフットスイッチを搭載。
様々なシーンに1台で対応できます。

●上質な歪みを搭載
Vivieのギターエフェクターから得たノウハウをもとに、上質なドライブサウンドを実現。
Colorノブで歪みのナチュラル~ファジーに歪みの質感も調整可能。
更に踏み込んだ音作りが可能です。

●コンプレッサー内蔵
クリーンチャンネルには、本格的なコンプレッサー機能を搭載。
ナチュラルから深いコンプまで対応できます。
アタックの強いスラップもしっかりとノーマライズされ、ダイナミクスの大きなプレイを自然なサウンドでプレイできます。

●Mid-Frequency付き3BandEQ
Midのブースト/カットする帯域を変更できるMid-Freqノブを搭載。
ピンポイントで不要な帯域をカットしたり、ポイントの帯域をブーストする事ができます。
Bass、Trebleノブを組み合わせ、細かくこだわりの音色を具現化できます。

OwlMightyに関連する動画


OwlMightyに関連するレビューやコメント

作り込みはかなり細かくできます。
プリアンプ探しの旅がここに落ち着きました。
ただ、どんな人におすすめかと言われると、、、?
パッシブベースの補助にはとても良いと思います。
ド派手な音を作り込むと言うよりは
足りない音や邪魔な音を狙って調整するようなプリアンプですね。
コンプに関しては
これ一台で満足とは言いがたいですね。
フルテンにしてもパコパコ気持ちの良い音にはならず、これも補助的な機能です。
甘くかけるが吉。
ドライブは好みが別れる歪み方です。
ただ、僕は好きです。
ビリビリした歪み方で、ブーストにも掛けっぱにも合う感じです。
お好みの歪みが見つかるまではこれで試行錯誤するのが良いと思います。
ブレンドでローもバッチリです。
好きなプリアンプが特にない。
好きな歪みも特にない。
そんなフラットなあなたにおすすめです。
可もなく不可もなく、当たりも触りもない。
ただ、有ると形になる。
女房にするならこんなプリアンプがいいよね。
他のレビューにもある通り、ナチュラルな音作りをしたいならコレは向いていると思います。
歪みからコンプまで完全にこれ1台とは言えませんが、プリアンプとしての役目である音作りは十二分に果たしてくれると思います。
SansやMXRはみんな使っているから、他のを使いたいという人にもオススメできます。
私はミッド12時でローとハイと少し削ったEQにしてます。
ただこれは好みの問題で、いわゆるドンシャリ系のEQも良い音になります。
変なセッティングにしない限りは、意外といろんな音が作れると思います。
ドライブ等は12時より手前10時ぐらいのツマミにしてます。
薄く歪ませて常時ドライブ掛けてても大丈夫な調整にしています。
ただ、私はこのプリアンプで歪みで十分でないというか、このプリアンプで作る歪みがあまり好きではありません。それがマイナス1の理由です。
参考までに言うと、「DARKGLASS/Microtubes B7K Ultra V2」や「Akima&Neos/King Rocker Bass II」で作るような歪みの方が音として好きです。
これらの方がより強くてコシのある歪みが作れるような気がします。
OwlMightyで作れる歪みは私の感覚では「特徴のない歪み」です。
それが良いという人もいると思いますが。
ネットなり、試奏なりで試してみることをオススメします。
コンプがしっかり掛かると思うと痛い目に合うので、あまり期待しない方が良いです。
コンプしっかり掛けたい人は別のペダルがあると安心するでしょう。
ナチュラル志向のサウンドから、バッキバキのドンシャリまで作りこめます。
歪み方はジャリッとした質感。好みが別れるかもしれませんが個人的には良かったです。
コンプは深く掛けすぎると音が引っ込みがちになってしまいますが、薄く掛けるととても気持ちの良いサウンドになります。
持っていて損はない優等生なプリアンプだと思います。

コメント