【TC ELECTRONIC】Spark Mini Boosterのレビューや仕様

【TC ELECTRONIC】Spark Mini Boosterのレビューや仕様 ブースター

Spark Mini Boosterの仕様や特徴

エフェクトボードの設置場所に困らないコンパクトサイズのブースター。
フルアナログのディスクリート回路を採用し、楽器やアンプが本来持っているポテンシャルを最大限に引き出します。

■タイプ:ブースター
■コントロール:LEVEL
■電源:電源アダプター(別売)
■特徴:
・最大20 dBのブースト
・ LEVELノブ – シンプルなブーストからアンプをを鳴らしきるためのブーストまで、様々な用途に使用できます。
・PrimeTime:フットスイッチを踏んだままにする時間で、ラッチ型とモメンタリー型を自由に使い分けることができます。
・お持ちの歪みペダルの後に接続することでドライブ感をエンハンスできます。
・トーンに粘りとコンプ感を付加し、生き生きとしたサウンドに仕立て上げます。
・トゥルーバイパス仕様
※電池駆動には対応しておりません。(9V DC、センターマイナス、40mA以上の電源アダプター)

Spark Mini Boosterに関連する動画



Spark Mini Boosterに関連するレビューやコメント

クリーンブースターなだけに、本当に色付けなしにゲインアップできます。
VOXのアンプをクリーンな状態にし、本機をかませると、パワフルかつ張りのあるクリーンになり、非常に気持ち良い音が出ました。
また、オレンジのアンプをクランチ状態〜オーバードライブ状態にし、本機をブースターとして使うと、太いリードトーンが奏でられましたが、5、6弦が少しブーミーになってしまいました。この使い方に関しては、BOSSのSD-1Wなどの方が、欲しい周波数に対してよりフォーカスできる感じでした。
まとまりが無い文章になってしまいましたが、とにかく本機は、原音を忠実にゲインアップできる優れたブースターです。他のブースターと迷っている場合、値段とデザインの良さを考えると本機をお勧めします!
非常に素直です。原音のキャラクターをまったく変更せず、とても素直に音量をアップしてくれます。
XoticのRC Boosterも所有していますが、聴き比べるとあちらは原音とは違う音になっており(それがRCの魅力でもありますが)、こちらの素直さが際立ちます。
ツマミが0だともとと同じ音量で、ツマミをあげていくと十分な幅の音量アップが可能です。
また踏みっぱなしにすると踏んでる間だけブーストするモードになり、曲によっては便利そうです。
小さくてデザインもいいですし、値段も安いです。
純粋な音量アップだけの目的であれば、間違いなくその期待に答えてくれますよ。
ベースでの使用。
ノブは真ん中ぐらいが各弦がブーミーにならずにブーストしてくれます。
音量も調度良いです。
モメンタリーモード?かなり使えます。
アンプヘッドRH750と同じメーカーだから良いのかな?
その辺は分かりませんが目立ちたいベーシストに良いです(それはベーシスト?)
音も低音弦艶が出た感じで高音弦パリッと(個人の感想です)(笑)
ギターにも、うってつけだと思います。
いやー楽しい。
安くて好きなメーカーで面白いと三拍子揃ってます。
癖のないブースターです。原音にとても忠実に音量アップできますので、手持ちギター、アンプの音が気に入っている方にとっては使いやすいと思います。逆に音を補正したい方はepブースター等のペダルのほうがよいかもしれません。
またスタジオなどで真空管がへたっているようなアンプなんかをプッシュしたりするのにもいい感じですね。
その他バッファ、ゲインブースター等色々な使用方法があるかと思いますが、これらのどのような使い方でも十分に仕事してくれます。
コスパかなりたかめですね。
ペダルは値段じゃないことを再認識させられました。

コメント