【KORG】DT-10のレビューや仕様

【KORG】DT-10のレビューや仕様 チューナー

DT-10

【KORG】DT-10のレビューや仕様
正確な測定、多彩な機能、豊富なバリエーションを誇るコルグチューナーシリーズ。
そのラインナップの一つ、ライブ・パフォーマンスを根底から支えるフロア・タイプのデジタルチューナーです。
素早い反応と正確な測定を実現するLED式メーターを採用し、安定したチューニングを約束します。
暗いステージ上でも視認性抜群の16セグメント・ノート表示や圧倒的存在感を醸し出すクールなシルバー・ボディ、抜群の耐久性を誇るタフな仕様で足元から熱いステージをサポートします。

▼チューナー

主な仕様
音律 12平均律
メーター CENT表示
測定範囲 E0(20.60Hz)~C8(4186Hz)
キャリブレーション範囲 438Hz~445Hz(1Hzステップ)
入力インピーダンス 1MΩ
接続端子 インプット、バイパス、アウトプット
外形寸法 104(W)×119(D)× 51(H)mm(ゴム足含む)
質量 410g(電池含まず)
電池寿命
(6F22型マンガン乾電池使用時)
チューナー・オン時:連続約3時間(A4連続入力時)
チューナー ・オフ時:連続約50時間(A4連続入力時)
消費電流 最大43mA
付属品 動作確認用6F22型マンガン乾電池(9V)
別売オプション KA-181 ACアダプター

DT-10に関連する動画

DT-10に関連するレビューやコメント

  • ステージでの視認性が抜群に良いです。これに尽きます。
    ただ、スルーだと明らかに音ヤセするので接続は考えた方がいいです。
    自分はアンプのチューナーアウトに繋げています。
  • 操作もデザインもシンプルで使いやすく、ピッチ検出能力は最高レベル。
    下手なラックタイプに匹敵する性能だと思います。
    ただそれもACアダプタで十分に電力供給している場合のみ。
    電池使用の場合、省電力化のためかピッチ検出の頻度が広くなり、それでもON 状態のままだと新品のアルカリ電池が2時間程で切れてしまいます。
    デジタルの宿命でしょうか。
    私は常時アダプタで使用し、忘れた際の保険用に9V電池を結線せずボックス内に入れてあります。
  • かなりよいです。
    LEDは眩しいくらいよく光ってくれて、それも明暗で微妙なピッチを教えてくれます。
    デザインもカッコいいし…。
    また、L`Arc~en~Cielのtetsuさんもライブで使っていました。
    やっぱりプロの人が使っているのを見ると安心できますよね。
    性能の良さは折り紙付きではないでしょうか。

コメント