【EWS】Tri-logic Bass Preamp 3のレビューや仕様

【EWS】Tri-logic Bass Preamp 3のレビューや仕様 プリアンプ

Tri-logic Bass Preamp 3

【EWS】Tri-logic Bass Preamp 3のレビューや仕様
3代目となるTri-logic3ではこれまでのTrilogic1、2同様に色付けを極力排したニュートラルな特性を持ち、更に豊富な機能と様々なベースに対応出来る柔軟性を兼ね備えています。
ゲインコントロールは最大+18dBクリーンブーストモードと、+26dBでコンプレッションの効いたハイゲインモードを選択できます。
トレブルは±15dB、トグルスイッチで4KHzと8KHzを切替可能です。
ミドルは±10dB、フリークエンシーノブで250Hz~3KHzの間を連続可変出来ます。
ベースは±15dB、トグルスイッチで40Hzと80Hzを選択出来ますので、様々なプレイ環境において的確かつ柔軟なサウンドを素早く得られます。
Tri-logic1、2では9Vバッテリー2個を直列に接続して18V駆動としていましたが、Tri-loigc3では9Vバッテリー1個のみを使用し内蔵されているDC-DCコンバータによって18Vを生成する事が可能です。

■ベース用プリアンプ
■寸法、重量:61.5mm/113.0mm/49.0mm、292g
※電源アダプターは別売りです。

Tri-logic Bass Preamp 3に関連する動画

Tri-logic Bass Preamp 3に関連するレビューやコメント

  • 音質も良くつまみの効きも良い良質なプリアンプです。
    ミドルのFQも調整できるのが嬉しい。
    ですがハイとローの周波数を変えるスイッチのせいでツマミが小さくなってしまったため微調整が難しい。
    ミドルFQがついてて操作性が良いのが欲しいならMXRやフリーダムのプリアンプが良いでしょうね。
    僕は幅広く音作りがしたかったのでこちらを購入しました。
  • とても幅広く音つくりができて良いです。
    ローとハイの切り替えに加えミドルのFQでいい仕事してくれます。できればトルグスイッチを、チョイ下げてローとハイのツマミを大きくしてほしいです。電源供給の位置を横でなく上にくれるともっと良いと思います。価格もリーズナブルで本当によい買い物しました。
  • MXR M81は音に多少アクティブ色が出ますが こちらの方が少ない。
    お値段も最近にしては良心的。
    ゲインのつまみがありますが、歪み系のエフェクターではありません 念の為。
    やはり小径つまみには閉口。

コメント