【EMPRESS EFFECTS】ParaEQ w/Boostのレビューや仕様

【EMPRESS EFFECTS】ParaEQ w/Boostのレビューや仕様 イコライザー

ParaEQ w/Boost

【EMPRESS EFFECTS】ParaEQ w/Boostのレビューや仕様
史上最もスィートなギタリストのためのパーフェクトEQ、ギターサウンドを一切マスクすることなく的確なイコライジングが可能です。驚かされるのはそのコントロールの多さ、Qカーブが各バンド毎に3タイプ切り替えられるため幅広いサウンドメイクが可能。またオーバーラップした帯域を持つギタリストのためのパーフェクトなEQバンドは幅広い調整を可能にする
Low Frequency – 35Hz to 500Hz
Mid Frequency – 250 Hz to 5kHz
High Frequency – 1kHz to 20 kHz
各バンド帯のブースト&カット幅は +/-15dB
そしてそのサウンドの素晴らしさ!音楽的なトーンを録音機材並にずば抜けたS/Nの良さで利用が可能です。また標準の9V駆動に加え、内部のスイッチングを変えることで12V/18Vにも対応!より大きなへッドルームが確保可能です。
さらに!ParaEQには30dBものクリーンブースト機能が搭載されています。ここまで高音質で(歪率0.03%以下!)完璧なクリーンブースターがギターペダルの世界にあったでしょうか!クリーンブースト機能だけでもこのペダルを入手する価値があると思います。入力PADも0dB, -6dB ,-12dBが選択可能です。もちろんTrue Bypass!コンパクトな筐体から想像も付かない程の品質の高さは他の追従を許しません!

■ギター用エフェクター
■パラメトリックイコライザー
■電源:DC9Vセンターマイナス(別売り)

ParaEQ w/Boostに関連する動画


ParaEQ w/Boostに関連するレビューやコメント

  • 低音 中音 高音 それぞれが自分好みの音に設定できます
    低音を上げれば中音域が干渉されますがこのパライコは全く干渉受けません
    こんなエフェクターあったら誰もが買うんじゃないかなんて思う代物でした。
    ドンシャリ設定にしても中音域がハッキリ聴こえるってどういうことなの・・・
    取りあえず最強のイコライザーとしか言いようがありません
    操作が慣れるまで非常に大変です  でも慣れてしまえばこれほど頼もしいイコライザーはないんじゃないかと。
    裏側をあけると電圧の調整もできるようになってます
    ノイズキャンセルもついてます
    因みに電池は使えませんでした
    大きさも手にすっぽり納まるくらいの大きさです ズバリ小さい
    この値段ならアンプのヘッドやプリ買うより圧倒的なコストパフォーマンス
    さあポチッちゃいましょう!!!
  • ペダル型のEQでは最強だと思います。

    まずギターアンプのイコライジングの難しさは、
    お互いの帯域を食い合ってしまう点にあります。
    ローを上げればミドルが凹んでと言った風に干渉しあってしまい、
    600hzはブーストして1k辺りは抑えたい、
    とかが出来ません。
    更にアンプの出音自体も変わる為これ以上ローを絞ると音がしょぼいとか艶が無くなるとかもあります。
    アンプ自体の出音の良さを優先させると、
    余り積極的にイコライジング出来ない場合もある。

    そんな時これです。
    アンプでこれは一番良いサウンドだって音色をつくって、
    バンドに入れた時にベースと被る帯域は下げたり、
    ギターの耳につく帯域を上げたりすれば、
    非常に抜けが良く音量も抑えられる音色が作れます。
    元の音色は基本的には変わりません。
    超ローノイズでヘッドルームもでかいので、
    変なクリッピングもない。
    録音してミックスしてる時にオケにちょうどいいサウンドに
    EQを調整してる感じで扱えます。

  • 悪くないけど値段の割に見合った満足感が得られない。ベース用としてお考えの方は事前に要試奏です。色々なシーンでスピーディに調整するにはグライコの方が分かりやすいです、つまみのカーブで情報が瞬時に読み取れますので。時間をかけてつまみをいじり回して音を追求・研究するのなら これは最強・最適だと思います。
    実物は目盛りの文字が小さくて 周波数の数字がかなり見づらい。スイッチは「シャコ」も言わないほぼ無音、なんか不思議なスイツチ。

コメント