Micro Hush

【ROCKTRON】Micro Hushのレビューや仕様
ギターやエフェクターが発するノイズを除去するノイズリダクションの定番エフェクト”HUSH”が更にコンパクトに!
これでエフェクトボードもサウンドもすっきりとまとまります。

■ギター用エフェクター
■ノイズリダクション
■消費電力:15mA
■電源:DC9Vセンターマイナス(別売り)
■寸法、重量:92×54×48mm、150g

Micro Hushに関連する動画


Micro Hushに関連するレビューやコメント

  • エフェクターで歪みを作る場合と、ブースターを踏んでギターソロの録音スタンバイには最高に活躍しそうです。
    アンプで作る軽い歪み程度ならこれはオフのほうが良いです。逆にホワイトノイズが出ます。
  • 原音が小さくなればなるほどさらに小さくなる量を増やす、というアンプ回路で、弾いてない時の音量を自然に下げているようです。
    ゲートみたいに突然開いたり閉じたりしませんし、フィルターでカットしてるわけでもないので、原音はブラインドテストではほぼ分からないくらいの音の違いしか感じません。
    それよりノイズが切れることのメリットのほうが遥かに利点がありました。
    アタックが削れることもなく、リリースも自然ですが、スレッショルドを上げ過ぎるとあるポイントから不自然に感じるのでかけ過ぎは良くないです。
    不安になるくらい小さいですが、こいつ自身からノイズが出ているのは感じられず、アンプから出るホワイトノイズが逆に気になるくらいノイズが下がりました。
    ただ、乾電池で動作しないので、質の悪いスイッチング電源ではノイズを出す可能性があります。電源にも気を使いましょう。