Afterburner Overdrive

【JET CITY AMPLIFICATION】Afterburner Overdriveのレビューや仕様
ナチュラルかつきめ細やかなオーバードライブに加え、よりゲインとボリュームを稼ぐブーストスイッチを搭載。
オールチューブアンプとの相性は抜群で、シンプルなシングルチャンネルのアンプでも、3タイプのトーンを使い分けることができます。

■ギター用エフェクター
■オーバードライブ
■コントロール:ボリューム、トーン、オーバードライブ、ブースト
■トゥルーバイパス仕様

Afterburner Overdriveに関連する動画


Afterburner Overdriveに関連するレビューやコメント

  • 僕はTS系が好きだったんですが、ちょい毛色の違うオーバードライヴを探してて、これを見つけました。
    以前フルドラ2を持ってて、ツインスイッチのこれ系は重宝するかなと。
    買って使っての感想は、アンプライクな歪みだなあと。
    ちょっとしたセッションとかにエフェクターボードを持って行くのは億劫ですが、これならバッチリ!
    JCでもチューブアンプばりのしっかりした歪みを楽しめます。
    この価格でトゥルーバイパスも魅力!先日新ギター購入のため、機材整理しましたが、これは置いときました。
    価格も手頃で、よいオーバードライヴを探しておられる方にはおすすめ。
    ブーストスイッチは、もっと音量が上がっても良いと思いますが。
  • チューブアンプとの相性がいいとありますが、トランジスタアンプを選ばざるを得ない場合、艶がなく乾いた歪しか得ることができないかもしれません。
    正直この値段なら他に扱いやすいペダルはいくらでもあると思います
    ちなみにブーストスイッチは単体利用はできません。
    左のスイッチがONの時のみ作動します。
    独立したトーンコントロールもできないので、このブーストスイッチを踏むならペダルを買い足した方がいいかなと思いました。