HT-DISTX DX-1

【BLACKSTAR】HT-DISTX DX-1のレビューや仕様
妥協することなくディストーションサウンドを追及したウルトラハイゲインのアグレッシブなマシーン。
そのトーンは世界の最高レベルにある ハイゲイン真空管アンプに迫り、滑らかでクラシックな歪から、モンスターが吼えるような歪まで広範囲にカバー。
さらに、特許申請中のISF 回路がUSAサウンドからUKサウンド まで幅広いキャラクターをサポートします。
また、素晴らしいギターサウンドのクオリティを損なうことなく録音機器や、ミキサーに直接接続できるスピーカー・エミュレイト・ アウトプットを装備しています。

■ギター用エフェクター
■チューブディストーション
■専用電源アダプター付属
■寸法、重量:160 x 119 x 80mm、1.2kg

HT-DISTX DX-1に関連する動画


HT-DISTX DX-1に関連するレビューやコメント

  • HT-DUAL の方はたくさんレビューがあり人気なのがわかります。
    こっちもなかなかいいのでレビューします。
    こっちのペダルはあっちと違い、スイッチが一つでシンプルです。
    自分はシンプルなのがすきなのでこっちを買いました。
    音はというと、アンプに近いおとです。
    ISFという つまみを右に回すと低音が強調される感じで
    左に回すと中音域が強調される感じです。
    ノイズは少し多い。あと重い。
    あと熱を結構持ちます。
    なのでボードに組むときに、マジックテープを貼ると粘着する部分が溶けてエフェクターの裏がベトベトに゚Д゚!
    その代わりにいい音出します!
    あくまで私の意見なので、一回弾いて見てください。
    買っちゃうと思いますよ!
  • DUALを使う方が多いので…
    非常に真空管アンプのような暖かみのあるサウンドだと思います。 
    EQの効きもよく、ISFと組み合わせて音づくりの幅は広がります、がBLACKSTARのキャラクターの範囲内で幅広い音づくりが出来ると考えた方がいいと思います。
    自分のだけかもしれませんが歪みの可変域はあまり広くないと感じました。九時以降からハイゲイン、違いといえばサスティーンの伸びくらいかなと…
    あとノイズはあります。真空管載せてるせいなのでしょうかね…
    アダプターも専用で9Vではなく本体の重さもなかなかあり、幅をとります。
    しかし音は非常にカッコいいのでお勧めします笑