BB Plus

【XOTIC】BB Plusのレビューや仕様
幅広いなドライブサウンドが得られるBB Preampをベースに、2チャンネル仕様としたモデル。
クリーンブーストからハイゲインオーバードライブまで対応します!

■ギター用エフェクター
■2chプリアンプ
■コントロール:ボリューム、ゲイン、3バンドイコライザー
■電源:9V電池またはAC9Vアダプター(別売)
■寸法、重量:117Wx93Dx50Hmm、400g
※仕様上、DCインプットが少し奥まった所にある為、アダプターによっては相性が悪い場合がございます。

BB Plusに関連する動画


BB Plusに関連するレビューやコメント

  • 同社のBBの方が人気がありそうですが、
    こちらの商品もかなり使えます。
    この製品はAch Bchの2ch仕様でAchがBBと同等になっている感じですね。
    ただ、AchのTONEが1つしか無い為、BBと比べ音作りの幅は少し狭い感じです。
    Bchですが、EQが3つBass,Mid,Trebleあり、幅の広い音作りが可能ですが、原音のニュアンスを潰さず素直な歪みで使いやすい。
    基本的には中音域が太くなるイメージで、艶のある音に加工される感じですね。
    個人的に気に入っている使い方はAchでは、Toneを少しHiに、Gainはほんの少し、Volはアンプの音量+αでほぼBoosterとして利用。
    Bchで歪みをお好みに設定。
    同時利用のスイッチはB→Aで
    本当に自分が巧くなったと勘違いするぐらいの商品です。
  • 2CHオーバードライブです。
    GAIN9時でTUBESCREAMER系の音を作れます。それ以上だとかなりハイゲインになります。
    CH BはTONEがHI MID LOとあるのでアンプ感覚で操作出来ます。
    CH AはTONE1つ。なのでこっちをGAINゼロにしてブースターとして、
    CH Bをオーバードライブとして使っています。
    CH A/Bどちらも好みの音にすることが可能なので色々な音を作ることが出来、かなり使えます!
    CompCutも両CHに付いてます。
    CH AのSoftが500hz、Hardが1kHより上をブースト。
    CH BのSoftが350hz、Hardが1kHより上をブーストしてます。
    まだまだ使いこなしてませんが多機能で音が作りやすいです。
  • BB-preamp を手に入れたので 少し比較。
    ボリューム以外12時の設定で比較しましたが A Bともに同じ音になりません (当たり前か) 似てるってだけですね。 preampの方は踏めば抜けたいい音が出てくる印象、plasの方は幅広い音作りが可能かなと思います 。
    自分はplusをメイン preampをオバードライブ、ブースターとして使っています。 相性はいいと思います プラスの音がいい感じに抜けてくる感じで…
    みなさん言われているように、preampとは別ものと考えてしっかり試奏したほうがいいかと思いました!
    まぁいろいろ書きましたが どっちもすごくいいものだと思います 長い付き合いになりそうです。