The Utility Parametric EQ

【WMD】The Utility Parametric EQのレビューや仕様
バンドのパラメトリックイコライザです。
約40Hzから15kHzの広範囲をカバーし、3つのバンドには中心周波数、Q、ゲインをアジャストできる独立したバンドパスフィルタを搭載。
自在にトーンを操ることができます。

■パラメトリックイコライザー
■コントロール:Low Q、Low Freq、Loレベル、Mid Q、Mid Freq、Midレベル、High Q、High Freq、Highレベル、マスターレベル
■電源:9~24VDCセンターマイナス(別売り)

The Utility Parametric EQに関連する動画

The Utility Parametric EQに関連するレビューやコメント

  • あまり日本では出回ってないみたいなので、人身御供的な意味も含めて試してみました。
    良い言い方をすると、
    ・相当な広さで音作りが出来る
    ・ベースでもギターでも構わず扱える
    …と言った所でしょうか。
    WidthQ次第では倍音エキサイターみたいに使えたり、
    他の部分での音作りでやや足りない、又は出過ぎた音を補正、
    なんて使い方も出来ます。

    Freqの帯域が記載されていませんが、以下が帯域幅になります。
    LoFreq…40Hz~1,6kHz
    MidFreq…100Hz~4,8kHz
    HiFreq…300Hz~16kHz

    ただコレ、幅広さが逆に徒になってしまってる感じが…。
    ノブの僅かな変化でだいぶ変わってしまったり、
    ノイズ的にもちょっと戴けないです。
    電池を収めるスペースが無く、
    サプライ使用前提。
    OverAllGainも、帯域の設定次第では少し上げただけで歪みますw21Vでの検証

    使い方は色々、プレイヤー次第ですが、
    音作りが自由「過ぎる」ゆえの操作性等がちょっと厳しいかな…?