Boost Over Drive

【TECH21】Boost Over Driveのレビューや仕様
力強いミッド感のある図太いサウンドが持ち味のBoost OVER DRIVE。
BOOSTスイッチをONにすればラウドかつブルージーなサウンドを作り出します。
またSPARKLEコントロールを調整することで高音域のハーモニクスを追加し、音抜けの良いサウンドが簡単に得られるので、様々なシーンで活躍します!

■ギター用エフェクター
■オーバードライブ
■コントロール:レベル、トーン、ドライブ、スパークル

Boost Over Driveに関連する動画


Boost Over Driveに関連するレビューやコメント

  • 初めてテック21を購入しました
    まずはいいところ
    段ボールじゃなくって金属のケースに入っててびっくりです
    音はODだとアンプの音を活かしながら甘くって、明るい音を出してくれます
    スパケール機能のおかげですかね?
    ブーストを入れるとまた甘く歪む
    一つに二つの音を出せるんだから
    コストパで☆5です
  • 本日届いて家庭用アンプで二時間しか弾いていませんが、印象を書きます。
    まず本体は写真で見るよりも重厚感があり塗装もザラザラしています。白い部分は黄変しそうな予感が…。
    底面には4つのゴム足と電池ボックスカバーが剥き出しになっているので、電池を使用する方にはありがたい造りになっています。
    音についてですが、もろにTS系です。
    が、『TONE』のツマミが非常に繊細で、少しずらすだけで明るさがガラッと変わります。
    よって、このツマミだけでも多様な音作りができます。
    『DRIVE』ツマミはマックスにしてもハイゲインにはならないかな?あまりロック向きではないかもしれません。
    『BOOST』は単体でクリーンブーストでも、軽いゲインブーストとしても使用できます。
    『SPARKLE』は高音の調整でしょうか…?
    多少輪郭が変わったような、そうでないような……。
    取説が英語の為わかりません!
    長くなりましたが、全体の印象としては個人的に『買い』です。
    sobattのDB-2より歪みが荒々しくなく、SRVサウンドに近いと思います。心地よく音が詰まるような感じで歪みます。
    あと、ハムよりシングル、特にストラトのフロントとの相性が良いと思いました。
    オーバードライブ、ブースターを探している方は試してみる価値は充分にあると思いますよ!
  • 音はTS系の中域が強めな粘りのある歪で、Toneの他スパークルつまみで音抜けが調整出来非常に多彩な音が出せます。
    また、ブーストスイッチで音量の底上げが出来るので、バッキングやソロなどの切替が出来ます。
    ブースターとしても秀逸で、どちらかと言えばブースターとしての使用が多いです。
    歪の前に繋ぐと、BoostスイッチとOverdriveのブースターセッティング両方で歪量を稼げ、更にスパークルつまみでEQセッティングも可能です。
    歪の強いエフェクターの場合、後ろに繋いでBoostスイッチのみonにして音を太くしたりも出来万能です。
    個人的にはSansamp Britishは前に、U.S. Metalは後ろに繋いで使い分けてます。同じ社の製品とはすこぶる相性が良いです。