DISTORTION M

【Noah'sark】DISTORTION Mのレビューや仕様
チューブアンプをフルドライブさせたような、倍音感のあるサスティーンを含みつつ、細かなピッキングニュアンスまで表現可能なDistortion。
DistortionとOver Driveの中間的なサウンドデザインの本機は、バッキングはもちろんのことソロリード時でも、メリハリのあるキメの細かい歪みを作り出す。
クリーンセッティングのアンプにPreamp的に接続しても、その個性は失われることはない。少しトレブリーなそのサウンドは、Single Coil Pickupとの相性も抜群である。

■ギター用エフェクター
■ディストーション
■コントロール:レベル、ゲイン、トーン
■3PDT-SWによるTrue-Bypass Circuit
■寸法:H115×W75×D53 mm

DISTORTION Mに関連する動画


DISTORTION Mに関連するレビューやコメント

  • RAT 1と比較しましたが「あの名機」と遜色ないです。
    RATは歪ませると少々ブーミー気味になりますがこの「M」は○ーシャルスピーカーキャビネットがしっかり低音を再生してる音が出て来ます。
    ディストーション系で悩んでる方、絶対お薦めです。
  • HPの写真は旧タイプで、現在のディストーションMはメタリックグレイっぽい色ですね。
    名前の由来は、マーシャルアンプの歪みをシミュレートした事にあるらしいのですが、マーシャルにおいて好みの分かれる「噛みつく様なトレブルの癖」を控え目にして、特徴的なミドルレンジの厚みにフォーカスした、万人向けの扱いやすい歪みに仕上がっています。
    ギターのボリューム操作に反応して、歪みから綺麗なクリーントーンに変えたりする事は出来ませんので、ある意味初心者向けのディストーションとも言えますが、トーンの効き具合が絶妙で、どんなセッティングをしても聞き苦しくはなりませんし、ハイゲイン過ぎない歪みもあらゆるジャンルに使えます。
    荒々しさはなく、歪みの粒は揃っていますが、音痩せはありませんし、ピッキングのニュアンスもちゃんと表現出来ます。
    また、ゲインを0にすれば殆ど歪みがなくなるので、トレブリーなアンプのミドルレンジ・ブースターとしても使えます。
    これ一台でクラシックロックから80年代メタルまでは対応出来ますし、ノイズも少なくギターやピックアップを選ばないので、手前にブースターを繋いで、JCなどのトランジスタアンプの基本歪みとして使うのが、最も効果的な使用法かも知れませんね。
    購入して一年になりますが、ディストーションペダルとしては一番のお気に入りです。
  • めちゃくちゃ舐めてました
    とってもいいです 80年代○ーシャルの音です(笑)
    ゲインマックス トーンマックスで
    ギターボリュームをしぼったらしっかりクリーンぽくなったので自分てきにはすごく満足です
    値段、音
    大変気に入りました メインでつかっていきたいと思います