【M83】Bass Chorus Deluxe

【EBS】Bass Chorus Deluxeのレビューや仕様【M83】
多彩なコントロールで納得のいくサウンドまで作り込みができるベース用コンプレッサー。
コンプのかかり具合が一目でわかるゲインリダクションメーターを搭載、ナチュラルコンプ~ハードコンプまで幅広い音作りが可能です。

■ベース用エフェクター
■コーラス
■コントロール:トレブル、ベース、インテンシティー、レイト、ワイド、クロスオーバースイッチ、フランジャースイッチ

【M83】Bass Chorus Deluxeに関連する動画



【M83】Bass Chorus Deluxeに関連するレビューやコメント

  • 今までのMXR BASS INOVATIONSと傾向は同じです
    ベースらしい低音を失わずに、しっかり、しかしえぐすぎない綺麗なかかり方をします
    えぐいかかり方を求める人には物足りないでしょうが、そういう音を求める方はきっとエレハ○モ辺りに手を出すと思うので

    特筆すべきは高音域にのみエフェクトをかけるクロスオーバースイッチだと思います
    低音にコーラスをかけるとぼやけるし、そもそも高音だけにしか使わない、という人におすすめです
    (もちろんクロスオーバーを切ってコード弾きをしても音の分離はしっかりしていますが)

    フランジャーもけっこうしっかりかかってくれますが、やはり同社のフランジャーと傾向が似ている気がします

    LEDが点滅していますが、これはRATEの強さで早さが変わります
    高輝度で目が痛い!ということもなく、また視覚的にエフェクトがわかるので便利です

  • MXRのこのシリーズは素晴らしい。まさにベーシストの欲しいものを作ってます。
    chorusのかかりは弱いですが、かけっぱなしにちょうどいいです。
    音痩せは皆無、ノイズもなし。
    そしてクロスオーバー、よくぞ考え出してくれました。高音へいくほど高価が現れてきます。実に気持ちいいです。
    フランジャーは逆に効きすぎです。弱くかければ問題ないですが、切り替えをフットスイッチでできれば、というのは贅沢でしょうか。
  • 以前はBOSS PS-5のデチューンモードをコーラス代わりとして使用していましたが、筐体が大きいので比較的コンパクトなMXRを購入。
    WIDTH、INTENSITYツマミの調整で掛けっぱなしで使える音から、爽やかでエグいコーラスまで十分に作れます。
    100Hzと10kHzの2バンドEQで実音量のブースト/カットもできます。
    私はX-OVERは使用していませんが、オンにすると
    ドライ信号の100Hz、10kHz周辺が増幅され、
    ウェット信号は逆にカットされるようです。
    フランジャーも使用していませんが、効果は強めでした。ジェットサウンドは厳しいです。
    私はBASS7時半、TREBLE10時、INTENSITY4時、RATE2時、WIDTH4時半
    で使用しています。
  • べースコーラスを探し抜いた末、購入した本品。音痩せも皆無で、かつ、コーラスのかかり方がベースの音質の良い面を残しつつと非常に良好。特に個人的にはXoverモードにおける高音のみのコーラス効果が、一曲かけっぱなしでも、低音はそのままに高音ソロ、フィルインだけ効果的にコーラスかけられる点で最良でした。ベースコーラス探している方は試奏おすすめです。