CTO-2

【DANELECTRO】CTO-2のレビューや仕様
ハイゲイン設定でもギターの音色が輝きを放ちながらヌケます。 このペダルがあればモダンカントリーからブリティッシュロック、アメリカンロックまでどんなビートにも馴染みます。

■ナチュラルなオーバードライブ・ブースター
■CONTROL:Volume,Trble,Bass,Gain
■名器CTO-1の後継MODEL

CTO-2に関連する動画

CTO-2に関連するレビューやコメント

  • かすかな音。大きな音。太い音。繊細な音。きたない音。きれいな音。この正反対の音全てが、手のコントロールで出る。
    今までの某エフェクターがメインの座から陥落しました。
    アコーステックの楽器のようにナチュラルです。
    また、クリップ切り替えスイッチも付いているため、超高級なオーバードライブ音も出せます。色々な組み合わせが付いているため、自分好みの音が作れます。Lanfgraff等もいいですが、こちらは弾いたとたん、腰を抜かしました。初心者がこれで練習すると、泣きたくなるかもしれませんが、結局は上達の早道かもしれません。
    FenderやJCに合うと思います。
  • これ単体で歪ませる人は少ないかもしれませんね。
    ちょっとファズっぽいニュアンスの歪みですが、これはこれで味があって使い方次第かもしれません。。
    でもクリーンブースターとして使用した場合に、かなりのパフォーマンスを発揮すると思います。
    基本的に音が太いし音やせも許容範囲内です。少しだけカリっとしたニュアンスが加味されて潰れ感もありません。
    20kクラスとの違いはハイエンドの倍音が少ない程度ですが、これはこれで良いサウンドです。
    不満があるとすれてば、2バンドEQのツマミが操作し辛い事(たまにイラつく)くらいかな。
  • この値段でこの音は、すごすぎる。
    チープな見た目に合わず、ピッキングのニュアンスもしっかり出ます。
    バンドメンバーも私が安物買ってきて、そんなガラクタどうするの?みたいなこと言ってましたが、目を丸くしてました。w
    とにかく値段不相応ですね。
    王道と言われるモノからの脱却に是非おすすめです。