SS-11A

【AMT ELECTRONICS】SS-11Aのレビューや仕様
SS-20の原型となった、フルチューブ・プリアンプ・ペダルです。
コンパクトなボディながら真空管を2本搭載し、CLEANとDRIVEの2チャンネルに加え、DRIVEチャンネルはCRUNCHとLEADの切替が可能。
SEND/RETURN端子も備えた多彩な音創りが魅力です。
CLEANチャンネルにはブライト・ミニスイッチが、CRUNCHとLEADモードにも、それぞれTone Shift Switchと呼ばれHigh-Midを持ち上げることにより出音に鮮明さを加えるミニスイッチが装備されています。
SS-11はまさにハンディーなアンプヘッドと言えるでしょう。12Vアダプター付属。

■ギター用プリアンプ、ペダルタイプ

SS-11Aに関連する動画


SS-11Aに関連するレビューやコメント

  • 手軽に自分のサウンドが運べます!煌びやかなクリーンと、モダンロックサウンドは病み付きになります!
  • 購入したままでは真空管が6H2Nというものが入っていて、それが笑っちゃうほどひどい音しか出ないので、必ずGTなどの12AX7系と交換しましょう。
    交換したら良い音が出ます。
    交換した後での評価ですが、ディストーションはいわゆる真空管をつかったディストーションなので、チューブディストーションを使ったことがある人なら想像できる音だと思います。
    クリーントーンは中域がよく出ている音です。JCM-2000のクリーンに似ている音です。

    本件につきまして、輸入代理店の見解は以下の通りです。
    このAM11の真空管は、クリーンサウンドの比較的綺麗な6H2Nが使われています。12AX7等に交換して音質、歪みの変化を楽しむ方が多くいらっしゃることもメーカー側で把握していますが、12AX7についてもGroove Tubes、ムラード、JJ等、すべてニュアンスが異なり、好みの問題と言えるかと存じます。