Sansamp Blonde

【TECH21】Sansamp Blondeのレビューや仕様
アンプシミュレーターの定番Sansampキャラクターシリーズ。
言わずと知れたFENDERの名アンプ達をモデリングした商品です。
美しいクリーントーンから低音の効いたオーバードライブまで、憧れのアメリカンロックサウンドを手に入れるならばこの一台。

■ギターアンプシミュレーター
■FENDERタイプ
■コントロール:レベル、ロー、ミッド、ハイ、キャラクター、ドライブ
■プリアンプとしてライン録音に、またエフェクターとしても使用可能です。
■銀パネ、ブラックフェイス、ツイードサウンドまでをも網羅した贅沢なペダル。スパークリーなクリーン、LOW-ENDの図太いオーバードライブ、ジューシーなディストーションまで、ピュアなアメリカン・トーンを出力します。

Sansamp Blondeに関連する動画

Sansamp Blondeに関連するレビューやコメント

  • 手軽にフェンダーらしいサウンドが楽しめると思います。
    あくまで「らしい」であってフェンダーアンプ本家の音に肥えている方には少し違和感があるかもしれません。しかし、JC等のトランジスタやくたびれたスタジオのチューブアンプなどにかましてあげれば、ハリと艶のあるフェンダーらしい音にしてもらえます。
    アンプのリターンやラインへ直接接続も可能(むしろ推奨されてる?)ですが、普通にエフェクターとして使ってもOKです。
    歪みについては完全に好みが分かれると思います。ベースマンの歪みをモチーフにしているようなので、ホットロッドやスパソニみたいな現代的な歪みを出すにはセッティングをかなり煮詰めないと厳しいかもしれません。
  • 重いツインを持ち歩くのが苦痛になりZTのLUNCHBOXを購入しましたが、どうも弾いてて気持ちのいい音がせず本品を購入してみました。
    音色自体は、結構それっぽくなりますがやっぱり本質的なところでは、元々のアンプ以上の音にはなりませんね。(当たり前か)
    ライブが多く備え付けのアンプを使わざるを得ないという人には重宝すると思います。
  • JC-120でフェンダーアンプの音を鳴らしたくて購入しました。
    セッティングは、JC側でInputはLow、distortionを1くらいにして、後はフラット。後はペダル側で音作りをしています。
    トランジスタの硬い音を解消するには至らないですが、フェンダーアンプを使いたいがJCを使わざる得ない場合、及第点はつけれるサウンドまで突き詰めることができるので有難いです。これのVoxバージョンである同じサンズアンプのLiverpoolもおすすめです。