[M-115]Distortion III

【MXR】[M-115]Distortion IIIのレビューや仕様
世界的定番のMXR Distortion+にトーンコントロールを追加。
よりキメ細やかなセッティングが可能です。

■ギター用エフェクター
■ディストーション
■コントロール:アウトプット、トーン、ディストーション

[M-115]Distortion IIIに関連する動画


[M-115]Distortion IIIに関連するレビューやコメント

  • Distortion+は80年代メタルのような、先のトガった感じの音です。個人的にはバッキングで使いたいエフェクターです。
    一方、こちらは中〜低音域が強調された図太い音です。(人によってはコモった感じに聴こえるかも…。)
    サステインもDistortion+より良い気がするので、個人的にはリードプレイで使いたいエフェクターです。
  • 音の作れる幅が広いです
    一般的にはディストーションとして使われますが
    僕はクランチを作る為に使っています
    TONEがついてるので軽い歪みが作りやすかったです
    ただ強い歪みを作るとなるとTONEは必要ないのでは?と思います
    なので強い歪みを作りたい方は+をお勧めします
  • クランチサウンドからディストーションサウンドまでカバーできるペダルです
    しかしそのぶん暴れる危うさのようなものは無いので
    単体でエグイ歪みを作り出したい方には向いていません
    ゲインを上げている状態でのアルペジオも潰れない、優秀なペダルだと感じました