M-108 10 BAND GRAPHIC EQ

【MXR】M-108のレビューや仕様
10BANDとすることで細やかなセッティング、補正が可能。
入出力別のレベルコントロールがあるため、シングルPUからハムバッカーまで適切なゲインコントロールができる。
■ギター用エフェクター
■グラフィックイコライザー
■M-109より細かい調節ができ、入出力別のレベルコントロールがあるため、シングルPUからハムバッカーまで適切なゲインコントロールができる。
■バンド周波数: 31.25, 62.5, 125, 250, 500, 1K, 2K, 4K, 8KHz, 16KHz (+/-12dB)
■電源アダプター付属

M-108 10 BAND GRAPHIC EQに関連する動画

M-108 10 BAND GRAPHIC EQに関連するレビューやコメント

  • 良い。良いです。
    補正でも、積極的な音作りでも活躍します。
    私の場合、これまで、どのメーカーの歪みエフェクターも期待にパーフェクトに応えるEQ設定がされているものは在りませんでした。
    というわけで、このEQで設定しています。
    確かに10バンドですし、グライコですのでQ幅も固定ですがとにかく簡単操作で狙いに近づけます。
    本当です。
    手持ちのエフェクターでメーカーが設定したEQポイントに不満を抱いておられる方、ピックアップの交換を考えている方、シールドの総取替えを検討されている方、などなど、
    ギタリストに限らずベーシスト
    キーボードの方も、是非試してください。
    地味ですが頼れる1台です。
    そして気分が良くなります。
  • フラットの状態では原音をほぼまったくスポイルしません。そのまんまの音が出てきます。
    そして各帯域のブーストカットも素直に効きます。
    でもあまりに素直すぎてちょっとあっさりした印象も受けます。もっともEQとしてはこれがあるべき姿なんだろうと思います。
    そういう意味ではコンパクトペダルタイプのEQとしては最高峰と言えると思います。
    ただひとつ、昔BOSSのGE-10というグライコを使っていたのですが、あの通すだけで音が少し太くなりオケの中で存在感がぐっと出てくるような感じ、そういうものもありません。愚直なまでにそのままの音です。
    でもそれは期待するほうが変なんだろうと思います。今の時代であればEPブースター系のものを使えばいいのですから。
    あと謎なのはゲインとボリュームが分かれていること。内部で歪むわけでもないのになぜふたつあるんでしょうかね。いろいろやってみてはいますが意味がまだわかっていません。インプットとアウトプットのそれぞれのレベルということなんでしょうか。
    もしくはギター直からラインレベル、もしくはもっとレベルの大きい信号などでも効果やノイズレベルを最適化したいということなんでしょうか。ググってもこの部分の仕様意図にはたどりつきませんでした。
    いろいろ書きましたが、アンプ入り音のシェイピングに便利に使っています。
  • ツマミの操作性いいです、赤くイルミネーションが光ってカッコイイ
    ベース用に使うので100hz以下があるこちらを選択。
    難点は重い事 670g
    18V仕様ですアダプター付属
  • Guitarはギブソンカスタム
    アンプはVOX
    エフェクター兼プリアンプはSANSAMP。
    このセッティングに
    MXR M-108 10 Band Graphic EQ をかませてみた。
    結果、クオリティがガツっと上がった!!