Super Crunch Box

【MI AUDIO】Super Crunch Boxのレビューや仕様
ヒット作「Crunch Box Distortion」に更なる“Modification”を施し、限りなくスタック・アンプを意識してチューンナップされた究極のDistortion Pedal。
大きなヘッドルームを得る為に内部には18V昇圧回路を搭載、より芯のはっきりとしたDriveトーンを作り上げます。
プレイヤビリティの向上を計る為に、いままで内部トリマーとして存在していた「PRESENCE」コントロールを前面に配し、TONEとのバランスにより幅広いサウンドメイキングを可能にしています。
また、異なる2つのGain ステージを作り出す「LO/Hi Gain Select Switch」とClippingを選択することによってCompressionを制御する「3 Point Comp Switch」の2つのスイッチが新たに追加。
そのサウンドは更なるサチュレーションを得るとともに、クリーミーで豊かなMid Toneを再現。

■ギター用エフェクター
■ディストーション
■コントロール:ボリューム、ゲイン、トーン、ロー/ハイスイッチ、コンプスイッチ
■電源:9V電池または 9V DCアダプタ(別売)

Super Crunch Boxに関連する動画


Super Crunch Boxに関連するレビューやコメント

  • 名前の通りクランチから、ハードロック的な激しい歪みまでカバー出来ます。
    LO / HI スイッチで歪み量がナチュラルに大きく変わり、COMPスイッチは値を大きくするほどコンプが強く締まった歪みに変わります。
    (音量も下がっていくので、合わせてVOL調整が必要)

    TONEを上げ過ぎるとキンキンになってしまうので11時程に、代わりにPRESを1時程に上げることで輪郭をはっきりさせて使ってます。

    普段は以下設定でクランチとして使ってます。
    LO / HI:LO
    COMP:1
    GAIN:2時
    で、前段にIBANEZ TUBE SCREAMER MINIを置いて歪みを足すことでメイン歪みとして使ってます。
    この時のまろやかな音圧がとても好きです。

    ハードロックな用事の時は、以下設定でブリッジミュートに切れ味ある音が出せます。
    LO / HI:HI
    COMP:2
    GAIN:2時

    有り難い万能戦士です。

  • サウンドはもうすばらしい
    ミドルが強調されたサウンドからジャキジャキのサウンドまで幅広く対応しています
    ツマミもはじめは慣れませんでしたがすぐにわかりました
    メタルとまではいかないものの、ハードロックやるにはうってつけです
    設定によってはGAINやTONEをあげていくとノイズが乗りますが、すごく酷いってほどでもありませんでした