CP101

【MAXON】CP101のレビューや仕様
音ヤセのない伸びやかなサステインと独特なアタック感で個性的な効果を発揮するコンプレッサーです。
徹底したローノイズ設計でクリアーなコンプレッション効果や音のツブ立ちを揃えるリミッター効果も得られ、ベース、エレアコにもその効果を発揮します。

■タイプ:ギター用エフェクター
■コンプレッサー
■電源:9V乾電池1本又はACアダプタ(別売)
■寸法・重量:70W×112D×55Hmm、270g

CP101に関連する動画

CP101に関連するレビューやコメント

  • 同社の CP9pro+ も所有しておりますが、CP9pro+ との比較ではコンプの機能は全くの同等です。
    しかもこちらは素晴らしく自然な音で、CP9pro+ にある様な、どこか作られた音と言うか、エンハンスされた音色ではありません、もちろんノイズ等も皆無です、
    使っていて安心感がありますが、パコパコと効いてくれる様なコンプではありませんので多少地味な印象を受けると思います、CP9pro+ を買うか、この CP101 を買うかどうぞ迷って下さい。
  • 初めてのMAXONペダルにして初のコンプレッサーです。
    購入は初ですが事前に同社のCP9pro+とVOP9、
    DS830などいくつかのペダルは試奏した事があり、以前から同社のエフェクターのクオリティの高さには好感を持っていました。

    今回購入したCP101について

    ・外観
    非常に丁寧に作られていて上品な質感です。末永く愛用したくなります。

    ・音質
    商品説明や他の方のレビューの通り非常にナチュラルな音質で、CP9pro+と比べても遜色はないと感じました。
    加工感のなさではむしろこちらに軍配があるので、ベースなどレンジの広い楽器にも対応できると思います。
    単体でのノイズは非常に少なく、歪みと組み合わせても難なく使えます。ただ音量は稼げないのでブースターに使うのは難しいかと

    ・機能
    ツマミはsustainとlevelの2つのみで単純明快。
    バイパスはトゥルーバイパスでは無いようですが悪質なバッファによる劣化などはほぼ感じられません。
    sustainツマミを絞りきっても弾き手にはコンプ感がわかる程度に作用するので、どこまでも自然な効果を追求したペダルではないようです。
    ツマミが2つなので仕方ないですが、レシオの細かい調整ができないのがもどかしい。設定を追求するならCP9pro+の方が良いかも。
    とはいえ決して不自然なかかり方でなく必要十分な範囲で設定できます。高音弦のギラつきが抑えられ低音が前に出過ぎない程度に自然に太くなります。

    ・総評
    このクオリティの高さでこの値段、無難で良質なコンプレッサーを求めるならCP9pro+同様にオススメできます。
    より自然でまとまりのある音色を狙うのであればこちらを選ぶとよいかと思います。
    シンプルなコントロール部も決して悪くないのですが、自分にはほんの少し痒いところに手が届かない気がしたので☆4とさせていただきます

  • パッシブのジャズベースで使用。
    繋ぐと若干ローに寄る味付けだと思いました。
    全くの原音重視ではありませんが、若干艶も乗り、気持ち良く使えると思います。
    そのニュアンスで、コンプ感を出さない掛け方から如何にもコンプな掛け方まで、簡単に設定できます。
    バイパス音は特に気になる事はありませんでした。
  • 末永く使える、素晴らしいコンプです。
    ダイナコンプのように音が膨らんでしまうこともなく、原音に色をつけず自然にかかってくれます。
    変な色付けをしないコンプです。
    レベルをMAXにしておけば、歪み時のゲインアップにもなります。(常時レベルMAXでも、クリーン時は歪まず安心です。)
    本当に素晴らしい製品です。