[AD999PRO]Analog Delay

AD999PRO Analog Delay
新しいBBD IC(Maxon MC4107D)を使用した本物のアナログディレイです。
AD900を凌ぐ最長900mSecのロングディレイを実現。
さらに2アウトプット仕様でエフェクト音とドライ音をそれぞれ個別に出力可能です。
RMSレベルセンサーと高品位VCAから構成される高性能NRを採用し、透明感のあるディレイ・サウンドが得られます。
特に低音域レスポンスを改善し、芯のしっかりした低音が得られます。
低音域と高音域のバランスも改善し、アナログ特有の温かみのあるサウンドを生かした、音抜けの良いディレイが得られます。
テープエコー・マルチヘッド・シミュレーション機能を搭載し、マルチディレイ・スイッチを3個搭載しました。
マルチディレイはディレイ信号にミッドストリーム信号を加えています。
テープエコー・マルチヘッドのシミュレーションからコンサートの雰囲気を出すアンビエンス・エフェクトまで多彩な効果が可能です。
TBS(トゥルー・バイパス・スイッチング)採用。
エフェクトOFF時に信号が電子回路を一切通らず完全なバイパス状態になり、直接つないだ時に限りなく近いバイパス信号をアンプに送ります。
バイパス/エフェクト切換えスイッチには、ローノイズのメカニカルスイッチを採用しました。
暗いステージでも視認性の良いLEDインジケータを装備しミスセットの心配がありません。
付属の専用ACアダプタによる電源供給です。常に安定したコンディションでご使用頂けます。

■ギター用エフェクター
■アナログディレイ
■コントロール:ディレイタイム/フィードバック/ディレイレベル
■スイッチ:MULTI-DELAY 3/8、4/8、5/8
■電源:Maxon ACアダプタ(付属)
■寸法、重量:117(W)×150(D)×60(H)mm、630g

[AD999PRO]Analog Delayに関連する動画


[AD999PRO]Analog Delayに関連するレビューやコメント

  • 基本となる音はAD999と同じでディレイ音は温かみのある丸みを帯びた音といった印象です。
    クリーンはもちろんのこと、歪ませても原音との馴染みが非常にマイルドで気持ち良いですね。
    ずっと付けていたくなります。
    違いとしてはマルチディレイスイッチがあり、これを入れると通常のディレイ音に加えてさらにぼやけた音が加味され、使い方によってはリバーブの代わりにもなります。
    人によっては別に必要ないと思いますが、むしろ私はこのスイッチを活用することが多いのでproの方を購入して正解でした。
    値段はちょっとお高いですが、とってもお気に入りの一台です。
  • モノラル出力であってもディレイ音とドライ音のバランスがとても良いので、
    音の干渉を気にせずとても気持ちよく弾けます。
    バランスというのはツマミで調整できるものではなく、原音に対する音質の
    ことを言っています。エフェクトON時のドライ音の変化も気になりません。
    この価格帯のアナログディレイの中ではかなり良いと思います。
    この筐体サイズでも無理してでもボードに載せるだけの価値はあると思います。