New Forest Green Compressor

【MAD PROFESSOR】New Forest Green Compressorのレビューや仕様
ノイズを極限まで減らし、歪みは最小まで抑える。
きわめてシンプルな目標のために何百回とテストを 重ねあげて、遂に満足のいくコンプが出来上がりました。そのサウンドは自然、ナチュラル、ウォームという言葉よりも、透明、ピュア、という言葉のほうが当てはまります。
さらに、ロータリータイプの2モード切替スイッチにより、コンプモード、サステインモードに切り替えることができ、サステインモードでは非常に透明感のあるロングサステインサウンドを実現することができます。
その操作性は二台の高級コンプを足元に置いているかのごとくあなたのサウンドを強力にサポートします。
このペダルはシンプルに、ギターの持つ透明なトーンを十分に引き出すために開発されました。
このコンプレッサーはこれらの機能を持ちながらもこの小さいケースに詰め込むことに成功しました。

■筐体
ずっしりと重いオリジナルForest Green Compressorは亜鉛ダイキャスト筐体を採用していますが、New Forest Green Compressorはアルミダイキャストボディを採用し、軽量に作られています。
■コントロールノブ
搭載されるコントロールに違いはありませんが、配置が変更され、トグルスイッチだったオリジナルForest Green Compressorに対してNew Forest Green Compressorはロータリースイッチとなっています。また、オリジナルモデルに比べ、幅広いトーンコントロールを搭載しています。
■ジャック・スイッチ類
New Forest Green Compressorでは、生産性向上のため、インプット/アウトプットジャック、アダプタージャック、フットスイッチ等を全て基板に直接配置して製作されています。そのため、インプット/アウトプット/アダプタージャック、フットスイッチが変更されています。
■サウンド
オリジナルForest Green Compressorのサウンドを踏襲していますが、パーツの違いによりほんの少し、違いはございます。

New Forest Green Compressorに関連する動画

New Forest Green Compressorに関連するレビューやコメント

  • 国内屈指のテクニカル系ベーシストのIKUOさんが愛用しているということで購入。コンプにはかなりこだわるIKUOさんが絶賛するのも納得です!
    ノブの効きも非常にわかりやすく、直感的に欲しい音に近づけることが出来ます。
    18V電源を使用していますが、9Vのときよりも音がぐっと前に出る感じ。
    僕は常時かけっぱなしで使っています。
  • これとhandwireの物と迷いましたが、こちらの方がTONEの効き具合が、好みなのでこれに決めました。
    深くかけてもノイズが、ほとんど感じられず気に入ってます。
    現在持ち運びしやすい簡易ボードを作成していますが、こいつを組み込む予定です。
    2つのモードがあり、控えめなCOMPからなかなかエグいCOMPまで守備範囲も広いと感じました。