Mighty Red Distortion

【MAD PROFESSOR】Mighty Red Distortionのレビューや仕様
80年代のコンプ感のある歪みを再現したハイゲインディスト―ション。
幅広い周波数レンジを持ち、複数のエフェクターと組み合わせても相性抜群!
プレゼンスつまみがアッパートレブルを加えれる仕組みとなっている為、ミッド感のあるウォームなドライブサウンドを体感できます。

■ギター用エフェクター
■ディストーション
■コントロール:ボリューム、ディストーション、プレゼンス

Mighty Red Distortionに関連する動画


Mighty Red Distortionに関連するレビューやコメント

  • 色々とディストーションペダルを探してきましたが、ようやくこれで決着しました。
    一番の決め手は、何といっても他の歪み系ペダルの相性が抜群にいい所です。
    単体使用では、意外とあまり歪みまずイマイチな感じでしたが、前段の歪み系エフェクターの影響をかなり受けます。
    たとえば一台目にTS系のペダルを置き、このマイティレッドを踏めば、前段の歪み量にプラスしてゲインを稼いだような鳴りをしてくれます。ここが他の歪み系とは一線を画している所だと思います。
    トーン(プリセンスと表記されてますが)の効きも絶妙で、前段にジャキジャキ系に設定したTSペダルからトーンを絞りゲインを上げれば王道のハードロックディストーションサウンドに塗り替わるような特殊にゲインブースターとしての使い方も出来ます。
    マーシャル等の真空管アンプとの相性は最高!の一言です。
    比較的上級者向けのディストーションペダルだと思いますが、決して使い勝手が悪い訳でなく、逆にどんなセッティングにも対応できるポテンシャルがあります。
    私も初めはとっつきにくく、使いこなすまで色々と試行錯誤を重ねましたが、今ではなくてはならない存在です。
    単体使用ではなく、メインの歪みにプラスする総合的なブースターとして考えてみると良いです。(音量・トーン・ゲイン全て対応できます)
    あと、見た目がかっこいいですね。
    マッドプロフェッサーのデザインはセンスフルです。
  • ストラトでこれ単体では少し弱い歪みなので、オーバードライブをかませてから、これを歪ませることで、いいリード系歪みを得ることができました。
    さらにクリーンブースターを入れてどうなったか。
    低音域が強いため、簡単にハウリングを起こすようになりました。グライコを持っているならば、100Hzか200hzをカットするといいでしょう。どのみちこれは削らないと、バンドでは邪魔になります。