GCB-95 CRYBABY WAH WAH

【JIM DUNLOP】GCB-95 CRYBABY WAH WAHのレビューや仕様
Jimi Hendrix, Eric Clapton, Buddy Guy, David Gilmourなど多くの偉大なミュージシャンが使った伝説的なワウワウ、オリジナルクライベイビー。
ビンテージかつパワフルなサウンドが特徴で、初心者からプロまで愛用者も幅広く非常に信頼性のあるモデルです。

▼ギター用エフェクター
ワウペダル

主な仕様
電源 ACアダプター(別売)、006P 9V電池(別売)
寸法、重量 25x10x6.25cm、1.7kg

GCB-95 CRYBABY WAH WAHに関連する動画



GCB-95 CRYBABY WAH WAHに関連するレビューやコメント

  • 昔のイタリア製のものから数えてかなりのペダルワウを所有してきました。
    使用アンプやエフェクター等、他のインフラに左右されるので
    どれがベストとは言いづらいです。
    最近このGCB-95をまた引張り出して使ってみました。
    音色は最近の高価なMOD物やモーリー等の別の発想の物と比較したら荒々しく、時として濁ったサウンドに感じますが、これはこれで本機の特徴として受けいれれば悪くないし、使用方法からすれば個人的には価格差ほどの差は感じられない。
    とても良いペダルだと思いました。
  • ギブソンのレスポールスタンダードに使用しています。
    以前はVOXのワウを使っていたのですがど高音の可変域が狭く音痩せしてしまうため今回クライベイビーを購入しました。
    VOXとの比較になってしまいますが、踏んだ時の感触はクライベイビーの方が滑らかで、しっかりカチッとなるので分かり易いですね。
    音の方も可変域が広く若干ブーストがかかるため、ソロでも音抜けが良いです。逆にカッティングなどでは音量の調節が必要かもしれませんね。
    音痩せ等はないので歪みと組み合わせればジミヘンの様な音もレスポールで充分に出せます。
    まー一般的なワウサウンドが得たいので有ればクライベイビーで充分でしょう。
  • VOXのV847と使い比べてみたくて購入しました。
    スイッチのオンオフがこっちの方が分かりやすい。
    音はどっちもどっち。
    チャカポカやりたいならこっち。
    ギュワンギュワンやりたいならVOXかな。
    ゆっくり踏んでいくときのクォーオーワァーアンという感じならVOXかな。
    ペダルの滑らかさや使いやすさならこっち。
    アダプターを使わない場合、電池交換を考えるとこっち。
    まあ、どっちのワウも普通のワウ。
    ZOOMのマルチG-5のVOXとCryBabyのモデリングの方が音の調整もできるしペダルも踏みやすいが、ライブでは役立たず。
    ライブで使うなら断然こっち。