FFM3 Fuzz Face Mini Hendrix

【JIM DUNLOP】FFM3 Fuzz Face Mini Hendrixのレビューや仕様
コンパクトサイズのファズフェイス。
DC9Vアダプターで動作しするため、エフェクターボード派のギタリストへオススメです。

■ギター用エフェクター
■ファズフェイス
■ジミ・ヘンドリックスモデル
■電源:9V電池またはDC9Vセンターマイナスアダプタ(別売)
■寸法、重量:直径89mm、高さ52mm(ノブ含む)、約240g

FFM3 Fuzz Face Mini Hendrixに関連する動画


FFM3 Fuzz Face Mini Hendrixに関連するレビューやコメント

  • リードの音がとても滑らかできらびやかな感じです。単音で構成された曲にも厚みがでていいです。
    見た目は確かに大きいfazzfaceのほうが味わいがあっていいですがこちらはこちらで愛嬌があり多くのエフェクターを使うジャンルの方にもボードを占領せずいいと思います。
    音色の選択肢として気軽にボードにjimifazzを入れれるのがとてもいいですね!
    音色に関しては全く文句なしですが、自分の個体はvolumeノブが少しエフェクターボディと干渉していた(多分じぶんのだけですが)ので評価は4です。
  • 音質は従来までの大きなタイプ(JH-F1)と変わらないと思います。
    ギターのボリュームで張りのあるクリーンからファズ本来の歪みまでコントロールできますが、クリーンにすると若干音量が下がってしまうので、音量を維持したままクリーンを出したい場合はブースターが必要になります。
    ファズフェイスのクリーンは独特の美しさがあるので、余計な味付けの無いブースターが合うと思います。
    15Wのトランジスタアンプ(ブリティッシュ系)でもネックP.Uでモンタレーポップフェスティバルの killing floor っぽい音。
    ブリッジP.Uでスタジオバージョンのcatfish bluesっぽい音が出ます。
    (ギターは貼りメイプルでP.UはLINDY Woodstock’69かFENDER CUSTOM 69がオススメです)
    ファズの種類も様々ですが、ジミヘンっぽい音を出したいならファズはこのFFM3で必要充分・・・というよりこれが一番だと思います。
    シングルピックアップだけではなく、ハムバッカーでもボリュームを絞った時の「まろやかなキラキラ感」はバッキング時に使える音なので、私はシングルでもハムでもFFM3は常時接続のONです。
    裏ぶたを外すと内部にバイアス調整用トリマーがあるので好みに応じて回せます。
    ジャックのIN/OUTの位置を従来型から見直し、本体も小さくACアダプターも使用可能ですから音づくりも含めて使いやすいと思います。
    音質は文句無しですが音符4つの理由はジャックを差し込んだ時に「カチッ」という節度感が無いためです(個体差?)
    接触不良はありませんので気にする必要はないと思います。