TS9B Bass Tubescreamer

【IBANEZ】TS9Bのレビューや仕様
トーンをBASS とTREBLE とに分けて可変させ、かつDRY サウンドとのMIXコントロールを備えることで、ギターよりも低音でかつ音域が狭いベースでも、あの”Tubescreamer サウンド”が効果的に得られるように設計。
コントロールを増やしたことでサウンドのバリエーションが増え、言わば”模索しがいのある”エフェクターに仕上がっています。

TS9B Bass Tubescreamerに関連する動画


TS9B Bass Tubescreamerに関連するレビューやコメント

  • ベースにハリと音圧が欲しくてかけっぱなしで使ってます。
    オーバードライブ、ブースター以外の用途です。
    スラップ、指弾きで抜けのいい音、ある程度の音圧を上げる為に、Bass、Treble、Levelは真ん中でフラット、Mixを3と2の間、Driveを4と3の間でその他エフェクターはマルコンと、bbeエキサイター、ベースはSadowsky NYC、ヘッドがMarkbassⅢです。
    音質的にこの設定でLowmidあたりの抜けが改善されました!
    ツマミもシンプルで使いやすいです!
  • ゴリゴリ系の歪みではありませんBOSS ODB3とは違う歪みです。
    使い勝手は悪くないですが 二つあるトーンの効きが今の時代では全然物足りない。
    オンオフの赤いインジケーターも高輝度LEDではなく昔の暗いやつ。
    重量はBOSS ODB3の355gを遥かにしのぐ520g 見るからに頑丈な金属です。
    後継機種ではぜひ改善して欲しい。
  • BOSSのODB-3を使っていたのですが、ゲイン0でもバリバリに歪みすぎるのでナチュラルに使える歪みを探していました。
    ドライブをマックスにすればそこそこ激しく歪ませることもできるので、ナチュラルなオーバードライブからドンシャリなディストーションまである程度対応出来ます。