JD9 Jet Driver

【IBANEZ】JD9のレビューや仕様
MID コントロールを備え、クラシカル・サウンドで耳にする暖かなチューブ・クランチ・サウンドからハードロック・サウンドの鋭い歪みをカヴァーする、王道のギター用ディストーション。

■ギター用エフェクター
■ディストーション

JD9 Jet Driverに関連する動画


JD9 Jet Driverに関連するレビューやコメント

  • ディストーションにカテゴリされてますが、よく歪むオーバードライブと言ってもいいかな?といった印象です。
    ToneとMidがセンタークリックになっていてブースト&カットのようです。
    Gainは12時以降はあまり歪みに変化が無く、ノイズ(あまり気になりませんが)と倍音が微妙に増える感じです。
    激歪みではないです。
    セッティングはMidのコントロールがキモになると思います。
    カットするとディストーション色が強くなります。
    音質的にはTS9の延長にあると思いますが、TS9で言われる所謂「鼻つまみ」では無く抜けは良いので好みのポイントを見つけられれば武器になると思います。
    80年代Rockが好きな私にはモロに好みの音です。
  • すごく素直でハリのあるディストーションです。
    ただしMidコントロールがついているので、チューブスクリーマーのようなニュアンスも出せるようになっています。
    ディストーションとしてはあまり歪みませんが、ブースターとしても使えてトゥルーバイパスですから、持っていて損はしないと思いました。
    チューブスクリーマーいいんだけどもっと歪まないかなーって人は試奏をお勧めします!
  • とても扱いやすく歪の可変幅もひろいです。tone,midノブを調整することでとても気持ちいい歪を作れます。
    もう少しts系で歪んでほしいという方だけでなく、distortionでいいものを探している人にもおすすめできます。
    ピッキングに追従して反応してくれるところもいいと思います。
    また、真空管アンプとの相性がとてもよく小型からミドルクラスのワット数のアンプと組み合わせるといいディストーションの歪を作ってくれます。
    音色ですが、よく歪むts系オーバードライブというよりはgainを抑えた時でもやはりdistortionという印象です。
    ibanezはやはりすごいなと思わされました!