MVP MOST VALUABLE PEDAL

【ERNIEBALL】MVP MOST VALUABLE PEDALのレビューや仕様
ゲインコントロール機能を備え、ブースターとしても活躍する新世代のアクティブタイプ・ボリュームペダル。

■ボリュームペダル
■コントロール:ミニマムボリューム、ゲインコントロール
■チューナーアウト搭載
■電源:9VDCアダプタ または9V電池(別売)
■寸法:89W×53H×254Dmm

MVP MOST VALUABLE PEDALに関連する動画

MVP MOST VALUABLE PEDALに関連するレビューやコメント

  • 音質劣化等でボリュームペダルを躊躇されてる方には良いと思います。
    劣化した分、ホンの少しだけゲインで補ってやれば気にならない程度に調整することも可能です。
    エフェクターを多数繋いだ時に最後に補正しても良いし、1番前に入れて、歪をコントロールしたり、もちろんゲインを使ってブーストしても良いし、踏みごこちはやはり安定感があり、トルクの重さが良い感じですね。頼りになります。
    今後、ホルトンみたいなポットを使わない物か、こういったアクティブタイプが主流になって行くかも知れませんね。
    凄く良いですよ。
  • 文句無し。この一言に尽きます。
    私が特に重視したのは大きさです。エフェクターボードに組み込む上で大きな問題でした。某B◯SS社のFV-500と比較しましたが、こちらはかなりコンパクトです。
    また、意外とGAINコントロールノブが便利です。音づくりの一端を担う存在にもなり得ます。
  • 今まで色々なボリュームペダルを使って来ましたが、これはボードからもう外せません。
    今までのボリュームペダルは音質劣化が気になって楽曲で絶対に必要な時だけボードに入れてましたが、このペダルは音質劣化がほとんど感じません、もし劣化がかんじたらブーストのダイヤルで微調整すれば問題ないと思います。踏み心地、大きさも自分にぴったりです!