Soul Food

【ELECTRO-HARMONIX】Soul Foodのレビューや仕様
名機ケンタウルスのサウンドをリーズナブルなプライスで再現!
名機譲りのクリアかつナチュラルなトーンと、リニアなレスポンスを存分に楽しめます。

■ギター用エフェクター
■ディストーション/ファズ/オーバードライブ
■コントロール:ボリューム、トレブル、ドライブ
■電源:9V電池またはBOSS/PSA-100S(別売)
■寸法:72W×110H×50D

Soul Foodに関連する動画

Soul Foodに関連するレビューやコメント

  • 私はケンタウルスは持っていないので、Tube Amp(marshall 1962 クリーン設定)で、Maxon OD-820と弾き比べてみました。
    第一印象はシングル・ハムともに相性が良く、ピッキングのニュアンスがしっかり出る良いオーバードライブと感じました。
    アウトプットレベルですが、Soul foodはヴォリューム5でOD-820のヴォリュームMax位までになりかなり大きくなる印象です。
    歪み具合は、ドライブ「5」位まではナチュラルなブースターなのですが、時計で言う2時あたりから急激に音質が変わりミッドブーストで粗々しくなります。これはドライブを10にしても歪みの質が変わらないOD-820との大きな違いで、好みの分かれるところです。
    また、ブースターとしてのSoul foodの後につなぐアドバンス的な歪み系ですが、RAT2は全くダメでした。後につなぐ歪み系は他の方のレビューを参考に…
    現在は十数万円のケンタウルスとSoul foodを比べるのは野暮で、一万円以下でこのクオリティは凄いと言うべきです。
    ACアダプターが付かないとサウンドハウスさんに確認して注文した後、私に届いたものはACアダプター付属でしたが、サウンドハウスさんによると品薄により複数の仕入れ先からの調達になっていて、ごく一部の人にACアダプター付属のものが届いているとのことです。「ACアダプターが必ず付いてくる」と思い込んで注文すると要注意です。商品が届いてからACアダプターの有無を確認して、必要であればBoss PSA100S等を購入するのが最善策と思われます。
    (私は同時にアダプターを頼んでしまいました…)
    以上雑文でした。
  • クリーン&ゲインブースターとして購入しました。
    TS-9を以前所有してたのですが個人的にはあのもっちりした音が苦手で直ぐに手離してしまったので、もっと自分に合った良いものは無いかと模索してたらこれに辿り着きました。
    まずクリーンブーストさせてニヤリ。明らかにクリーンが少し太くなり前に出て来ました。それでもって高域の煌びやかさを損なってない(これはトレブルの調整次第で変わります)。言うなれば塩少々の味付けといったところ笑 絶妙です…!
    クリーンブーストの際は真空管アンプのクリーンchと同じ感覚で各ツマミを調整するとやり易いかも知れません。音も真空管アンプような印象を受けました。
    そしてゲインを回し切りドライブさせればザラついて切れの良いドライブサウンドが得られました。いやあ…想像以上にしっかり歪んだので驚きました…ブースターとして買ったのに単体で使っても良いじゃないか…!ハムでもシングルでもどちらでも良い音しました。
    一応ハイゲインブーストとしても試してみました。やはりそれなりにノイズが乗りますがノイズゲート等があれば対処出来ます(ご使用の機材環境によりけり)。トレブルツマミを上げてくと刻んだ時にザクザクして良い感じでした。割とハードな音楽にも使えると思いました。
    本当万能なエフェクターだと思います。ただ出音の傾向は低音域が弱く人によっては線の細い印象を受けるかと思います。私はどちらかと言うと淡白な音の出る物を求めてたのでハマりました。
    初心者の方から違いの分かる大人なプレイヤーの方まで使えちゃう本当にいいエフェクターです。是非お試しあれ…!
  • 説明する必要もなく本機はKlon ケンタウルスのコピーペダルです。本家の初期型絵柄有(剥げ剥げですが)も若かりし頃に新品で購入し今だ現役で愛用してますし、正統後継機のKTRも所有してますが、ケンタウルスの肝となるバッファーもしっかりコピーされているだけに本機で得られるそのサウンドはそれら本家に‘かなり近く’雰囲気が良〜く出でいて思わずニンマリ。もちろん違いも多々有るのですが、本家ケンタウルスや、本機のモディファイペダルとのその価格差を考えれば十分以上。何処のとは言いませんが、高いだけで似ても似つかないサウンドのあのケンタウルスコピー(バッファーを省いてある意味がよく分からん)よりも良いです。マシューズ先生良くぞやってくれました!
    本機はデフォルトでトレブルがやや‘持ち上がった’状態にチューンされており、トレブルノブを9時〜10時あたりにもってゆく事で効きすぎのハイが抑えられ、これでやっとミッドに特徴のあるケンタウルスらしさが顔を出します。逆に言えばこの効きすぎのハイさえ無ければまんまケンタウルスですが、如何にもエレハモらしいザクザクした粗い歪みの感じからして、敢えて完コピに拘らなかったのはマシューズ先生の確信犯でしょう。
    なのでよりケンタウルスらしさを求めるのであれば、幾分値は張りますが、完成度の高い本機をモディファイしたJHS Pedals Soul Food “Meat & 3”Modのほうが良いかもしれませんね。
    因みにケンタウルスはブースターとして使うのが常套なので、本機もブースターとしての使用が最もその美味しさを味わえます。この艶と張りはやっぱり気持ち良いですからね〜。
    最後に操作面での不満ですが、ノブの側周面にローレットのような滑り止め加工がしてあると回しやすいかな。一緒に購入したKEELEY Red Dirt Overdriveのノブがそうなのでキーリーを弄る感覚で人差し指先だけで回そうとすると滑る滑る。
    でもトータルでは大満足、お腹いっぱいです。もう一台買ってオリジナルと同じゲルマニウムダイオード仕様にセルフモディファイするのも面白そうですね。なにしろこのお値段ですからw