LPB-1

【ELECTRO-HARMONIX】LPB-1のレビューや仕様
1968年に登場したLPB-1がオリジナルと全く同じ回路で復活。アンプやエフェクトへの入力信号をブーストし、歪みやサスティン、エフェクトを際立たせます。

■ギター用エフェクター
■リニアパワーブースター
■電源:9V電池または9VDCセンターマイナスアダプター(別売)
■寸法:72W×110H×50D

LPB-1に関連する動画


LPB-1に関連するレビューやコメント

  • 私はバッファー・アンプ的に使用しています。
    確かにエフェクトのかかり具合は良くなりましたBOSSのAW-3を後に繋ぐとレンジが広くなったように感じました。
    ただ、クリーンでも歪みもそうなのですが、ON/OFFに関係なくノイズが出てしまいます。本体を触ってみると少しは無くなるシングルコイルで音をかなり歪ませるときに、弦に手を触れるのと触れない場合のノイズの乗り方の違いと思ってくださいのですが、出力の大きいピックアップが搭載されているギターに繋ぐと9時方向で音が歪んでしまいます。フルにすると軽いクランチの状態になってしまうので音も「ブースター」と付くだけあって、うるさくなりますが・・・、少し困りものですが、まぁ、それはそれでこのLPB-1の個性だと思うのでしょうがないなと感じつつ使っています。
    ライブで使ってみようと考えると、ギターのようにノイズ処理を施してみないと、ノイズが目立ちそうに感じます。
    あと、本体の裏のねじをはずして電池交換をするので、普段BOSSやMAXONを使用している人から見るとやり辛いと思います自分もやって見ましたが、電池がうまく取り出せなかったです。 
  • バイオリン用に購入しました。
    エレキ用エフェクターなので
    歪まないか心配でしたが
    問題なく使えます。
    とても温かい音で
    サスティーンも心地いいです♪