HD300 Heavy Distortion

【BEHRINGER】HD300 Heavy Distortionのレビューや仕様
HD300は、モダンなメタルおよびハードロックに理想的な、破壊力抜群の重低音ディストーションを実現します。
HD300は、Gain Boost、Distortion、Tone、Bottom およびLevelコントローラーを装備しているため、柔軟なサウンドシェイプが行えます。
エフェクトのオン/オフ表示およびバッテリーチェック用に青色に点灯する便利なステータス LED を装備。
高品位なエレクトロニックオン/オフスイッチ採用のため、バイパスモードでは究極のシグナルインテグリティが保たれます。
HD300 は、 9Vバッテリーおよび DC電源アダプター(別売り)で駆動可能となっています。
家屋が揺れる激震のHD300!

■ギター用エフェクター
■ヘビーディストーション

HD300 Heavy Distortionに関連する動画


HD300 Heavy Distortionに関連するレビューやコメント

  • つまみ配列を見てみると実はこれbossのメガディスと全く同じ配列w
    ならばと思い購入してみると思ったとおり
    似通った音作りができました。
    HR/HM系のギタリストにはピッタリだと思います。
    色も何だかダークな感じでかっこいいです。
    個人的には・・
    TONE:4分の3
    BOTTOM:真ん中
    DIST:真ん中
    GAINBOOST:全開
    の音が大好きですw
    もちろん、つまみをいじればオーバードライブ系の音も作れます。
    とにかく安価だし使い勝手もいいしルックスも良いし大満足です!
  • ブースター+ディストーション+イコライザーをひとつの箱にまとめたペダル。
    やたらと数のあるベリのエフェクターの中でも当たりの部類かもしれません。
    ……というか本家のMD-2の設計コンセプトが成功してるってことになりますかね。
    低音の演出がなかなか良いです。
    ほどほどのエッジ感があって上手く調整すれば真空管式のハイゲインアンプ風な音が作れる、かな?。
    歪みの質はMT-2系とは違いミドルの強調は控えめです。この方がピッキングでニュアンスを変えたり、ギターのボリュームで歪み量を加減したりしやすくなるので個人的に好み。
    GAINBOOSTが有効でこいつを上げると音にコクと伸びが加わります。
    さすがはメガディス。……じゃなくてヘビディス。
    アンプの設定はクリーンに限りますね。歪みはペダルで作るっていう考え方の人向き。
    ブースターとしては使えません。
    トーンとボトムのツマミが上下に分かれてますけど、本家の二連ツマミがいかに操作しやすいかを実感。
    さすが世界のBOSS。ちゃんと考えてるんだな~。ヘビディスは指が入りにくくて回しにくい。せまっ!
    アダプタージャックの位置もやっぱり本家の方が使いやすい。
    例によって作りは安っぽくて色も毒々しくゼリービーンズみたいだけどそれが許せてしまうのはやっぱりコスパの高さでしょう。音はまともだもの。
  • マルチの歪音に不満が出てきたので、それを補う為に購入してみました。
    実物の色はもう少し濃い目で若干紫に近い感じでした。
    ボディはプラスチックで出来ているので、耐久性が心配かな。
    音的にMIDが少し弱い様な気がしますね。
    それでも、これ一台で結構な音が作れます。
    値段以上の価値はちゃんとあります。
    むしろ、この値段でこれだけの音が手に入るのですからありがたい事です。