EM600 Echo Machine

【BEHRINGER】EM600 Echo Machineのレビューや仕様
一踏みでダッキングや 2 種類のマルチプルディレイをはじめ、ピンポンやリバース、 3 種類のタップテンポディレイにスラップエコー、さらにはスワール(渦巻き)やスウィープといったディレイの全歴史を見事に再現します。

■ギター用エフェクター
■エコーモデリングエフェクト
■電源:9Vアダプター(別売)
※電源供給はBEHRINGER PSUSBをお使いください。他のアダプターや電池で電源供給した場合、インジケーターが点滅したり、動作不良が起こる場合があります。

※本機はTRAILS機能をONにするとMIXツマミが常時効く仕様となっています。MIXをMAX、TRAILSをONにした場合、バイパス時の音が出なくなりますが、故障ではありません。

EM600 Echo Machineに関連する動画


EM600 Echo Machineに関連するレビューやコメント

  • たしかにノイズはあるかもしれませんが、バンドの中にはいればわかりません。なんといってもこの値段でこの機能、文句はありません。
    僕はめったにディレイを使用しませんが、音楽的に使用しなければいけない場合、あまりコストをかけたくないなどの理由でチョイスするには満点じゃないですか!!
  • ノイズ多。音痩せ多。
    というわけでイコライザーで原音とエフェクト音を調整しないといけないので、二台で一セット的な感じになる笑
    しかしながら、この値段で某社の残響公園に張り合うというか完コピ笑はすごいと思う。奴に比べて断然軽いのもやはり長所。そしてタップテンポも奴よりはるかに使いやすい。
    音痩せもイコライザーさえあればなんとかなるし、ノイズも演奏中は聞こえないレベル。
    いい買い物をしたと思います。
  • マクソンADを使用してましたが、タップテンポが必要で試しに購入したみました。

    良い点
    買うのが面倒でない価格サウンドハウス万歳♪
    デジタルモードは軽過ぎ、アナログモードが良いかと。
    タップ入力も簡単。
    ツマミでいろいろ出来ます♪多すぎるくらいの音色。
    古いグヤトーンのパワーサプライで問題ナシでした。

    悪い点
    やはりマクソンと比べてはいけません!演奏中の存在感が違います。
    ペダルのゴムが初日で取れました!(なんとボンド付けでした)ツマミが異常に重い。
     
    結果
    あまりディレイ自体にこだわりは無いので、特に不満もないのですが、レコーディングには難しいと思います。
    とりあえずディレイが必要で、DD600と違い単体でテンポが入るので、初心者からライヴ中心の方にはお勧めです。