ADI21 V-Tone Acoustic

【BEHRINGER】ADI21 V-Tone Acousticのレビューや仕様
人気の「アンプラグド」サウンドを自分のものに!チューブアンプのような自然な暖かみと存在感を感じさせる音を実現させましょう。
フィードバックを的確に抑制し、ピエゾタイプピックアップのハーモニクスを除去するスウィープ可能なミッドレンジを備えた音楽的な3バンド EQを内蔵、高いインピーダンスによって最大限のシグナルインテグリティとダイナミクスを保持します。
このADI21 は、チューブ/マイクエミュレーション内蔵のダイレクトレコーディング出力として、もしくは、標準的なアクティブ DI ボックスとして使用できます。
出力端子は、 6.3 mm モノラルフォンジャックまたは、金メッキ加工の施されたバランス型 XLR コネクターで接続可能。グラウンドリフトスイッチにより、典型的なグラウンドループを除去。
電源は 9 V バッテリーもしくは DC パワーサプライ (別売)による作動が可能です。

■アコースティックアンプモデラー
■ダイレクトレコーディングプリアンプ/DI

ADI21 V-Tone Acousticに関連する動画


ADI21 V-Tone Acousticに関連するレビューやコメント

  • LR Baggsのプリが急に壊れてしまったので、ライブ用の付け焼刃程度にと買ってみたら大間違いでした。当面プリアンプはこれで充分な気がします。当然音質に関しても及第点以上のものでした。
    特にコンタクトパッシブタイプのピエゾとの相性が良く、このプリアンプの後に空間系を軽くかけてあげるだけで、プラグドでも生音に近い音を理想としている私にとっては、かなり嬉しいところまで音作りが出来ました。
    この価格で低中高域の調節、それに中域の周波数帯調整、さらにマイクエミュレータのブレンド機能とDI機能、Gndリフトスイッチが付いてこの価格とは、今更ながら大した物だと驚くばかりです。
  • 正直なところ全く期待せずに購入してみましたが、
    価格に比して充分以上の性能と感じました。
    各ツマミは操作量に較べて音の変化が大きい為、
    現場では少々セッティング決めに時間が必要かもしれません。
    ブレンドは9時以上に上げると音が物凄く引っ込んだ状態になりますので、
    ほんの少し味付けに使う位で丁度良い様です。
    他のAG用プリにも同じ事が言えますが、決して「生音」に近付く訳ではありません。
    が、上手くいじればそこそこ納得のいく音は作れます。
    また、ノイズが想像以上に少ないのはとても好印象でした。
    とりあえずピエゾのプリプリ感を何とかしたいという方にはお薦めです。
  • PA直だと音痩せしてペラペラになるエフェクターが多いですが、くっきりと存在感のある音色です。
    真空管のように奥行感と温かみも感じます。
    DIを使うのとは違い、GEで好みのトーンにできるのはありがたいです。
    1回分のガソリン代で2個も買える程の値段の安さは信じられません。
    ベリンガーの『性能は倍に、価格は半分に』を実感しました。
  • ゲインの低いピックアップ付きのウクレレに、プリアンプ的効果を期待して購入。
    BLENDを上げることで、音量はほぼ満足するレベルに達した。説明書の「FOLK」のセッティングにすると、シャリシャリ感が抑えられ、マイルドで深みのあるトーンになった。
    他に数台持っているエレアコ・エレウクで試すと、それぞれの特性により効果が違って面白い。低価格で気軽に遊べる良品。