SE-GEQ

【ARTEC】SE-GEQのレビューや仕様
クロマチックチューナーの付いた8バンドイコライザーです。
チューナースイッチをONにすれば、チューナーとしてお使い頂け、フットスイッチでバイパス←→チューナーを選択します。
チューニング時はノイズを完全にブロックします。
チューナースイッチをOFFにすれば、イコライザーへと早変わりします。

■入力インピーダンス:1MΩ
■出力インピーダンス:5KΩ
■電源:DC9V – 006P x 1, パワーサプライ
■消費電流:バイバス-19mA, 駆動時-27mA (チューナー),駆動時-23mA (イコライザー)
■ケース材質:アルミ合金
■外形寸法:D11.6 x H4.5 x W7.6(cm)
■重量:約250g(電池別)
※チューニング時はわずかに作動音がもれます。

SE-GEQに関連する動画

SE-GEQに関連するレビューやコメント

  • 欲しい帯域が集中していましたので購入しました。ブースト量はやや低めの-10~+10dBですが、他では見られない、500Hz、1.4kHz、2.3kHz(おそらく一般的な400Hz、1.6kHz、2.4kHzに該当する?)などがあり、また従来の800Hzもあるので、中域を独特な感じでセッティングできます。固体も金属なので頑丈です。
    チューナーはオマケ程度に感じます。チューナーを持って無い人(多分いないと思いますが)は、イコライザと合わさっているので便利だと思います。
    欠点は、やはりスライドスイッチが頻繁に取れます^^;
    でもそれを踏まえても、中々使い勝手の良いEQです。
  • 他の方がつまみが取れると言っていたので、それを覚悟の上で買ったのですが、今の所全然取れる気配はしないですね。
    もしかしたら、固体差があるんですかね?
    そこらへんは謎です。
    音は普通に効くので満足です。
  • チューナーはPolyTune 2というちゃんとした機材を持ってます。
    今回は、純粋にEQ機能だけが欲しかったので、(おまけ)チューナー機能の無い [SE-EQ8]を他社で購入。
    税、送料含め総額500円近く安く購入できました。

    選定の優先度
    ①5KH以上がコントロール出来る事。
    ②原音を損なわない事。
    ③ノイズが少ない事。
    ④リーズナブルな事。
    これに、一番近かったのがARTEC [SEEQ8]でした。
    実際使用した「効果、使用感」も、この価格帯としては選択成功だと思います。
    もし、MXRに7バンドで5KH以上があるような機種が1万円以下であれば、そっちにいったかもしれませんが・・・。

    (注意点)
    ・このARTEC [SEEQ8]系は+-10dBです。
    私は基本アンプ中心で補足的に外部EQを考えているので、+-10dBでも事足りていますが。
    ・この機種だけでは無いけど、ジャック(IN)の側近にある電源はやっぱりウザい。
    ・スライダーの「ゴム?」全く取れたりしません。
     スイッチも「カチッ」と普通に使えます。
     欲をいえば、+-0ポジションの引っ掛り感がもう少し欲しいかな。
    ・価格も安めで軽いけど普通に使える使用感。  
     ただ、塗装は剥がれ易いかもしれない。